ページ コンテンツ

あすなろLIFE

不動産投資、お金の話、WEB・IT、雑記など多方面にブログを書いています

お金持ちになるまでの5つのステップ。成功者はこれだけしかやっていない。

👍人気記事セレクション

f:id:Pelican:20161018160632j:plain

やっぱりみんなお金の話しは大好き!

ということで、、、

今日は、お金持ちになるまでの【5つのステップ】について書いてみたいと思います。

目次

 

1.収入を増やすのではなくまずは支出を減らす

貯蓄ができない人は、なんでなんでしょうかね??(色々理由はあるかと思いますが)ここで挫折している人が、ざっと半分くらいはいるんじゃないかなと思うわけです。サラリーマンになってすぐ貯蓄しまくっている人は実家暮らしか遊ばない若者くらいでだいたいの人が貯蓄サイクルができていません。

インターネットの調査だと30代の平均年収がだいたい430万くらい。40代でも500万弱。これは平均ですから、中央値(ボリュームゾーン)はもっと低い。大企業でぐいぐい出世階段をのぼっている人か、医者や士業の人でない限り、普通のサラリーマン年収では、貯蓄は月に数万円(多くてもせいぜい10万円程度)ではないでしょうか。このご時世、ブラック企業で残業しまくっても、所詮はスズメの涙。身体を壊すだけです。

一方でそこまで給料が高くないのに、うまく貯蓄できている人がいます。これは消費支出が圧倒的に少ないからです。例えば、年収400万くらいなのに、その半分くらい貯金できちゃう人、とかですね。彼らは貯蓄をしようと思っているわけでなく、支出が極端に少ないのです。(手取り25万円で、その半分以下で生活できてるみたいなイメージ)第一の壁は支出を減らせるかどうか。ここがポイントになります!貯蓄ができない人は、支出が多くないかのチェック、が最重要です。

2.毎月の余裕資金を貯蓄し原資をつくる

原資」の大切さということで説明しますね。 例えばですが、三菱UFJグループの株式配当は、年間3.5%くらいです。これは100万円分この会社の株を保有していたら年間35,000円もらえますよ〜、ということ。35,000円というと、銀行預金なんかより、断然良いのですが、このアベノミクスの景気が良い時代(日経平均が高い時)に100万分買って、1年後に株が暴落して価値が80万円になっちゃったら、毎年2、3万円配当金をもらっても、元を取るのに10年位かかります。

しかし貯蓄が10億円ある人はどうでしょうか?10億円分の株式なら、3.5%で、年間3500万円の株式配当がもらえます。もちろん10億円の株が株価暴落で8億になったら、配当が2800万円になりますが生活に影響はありません。たとえ5億円に大暴落しても1850万円配当金をもらえますので暮らしていけますね。これなら贅沢な暮らしをしなければ、貯蓄も余裕なので、またどんどん増えてきますし、もし景気が回復すれば、資産も大幅に復活します。

これは極端な例ですが、つまりお金はある程度、規模がないと拡大していかないことを指していますが、そのためにまずは原資を大きくすることが最も効果的ということなのです。、、、と言っても最初は原資はほんの僅かでしょうから、まずは支出を減らし最低でも500万。できれば1000万くらいは原資を貯めて、そのお金で次に何をするのか?がすんごく大切になってきます。

f:id:Pelican:20161018160649j:plain

3.貯蓄をストック収入を生むものに使う

貯蓄が貯まった後に、一般の家庭の人がやるのは、消費です。ついつい気が多くなって海外旅行に行ったり、高級車を買ったり新築マイホームを建てたり、というのがその代表です。お金持ちになる人は、ここでストック収入を生んでくれるものに、貯蓄を使っています。事業を起こしたり、ネットで何か売ったり、不動産を買ったり、など何でも良いのですが少なくとも数年〜長くても10年くらいで、資金回収できるものにお金を使います。

ここで何をやるかが第2の壁になり、生き金にするか、死に金にするかの境目です。投資という大それたことでなくても良いと思います。思いついた事業とか、温めているアイデアとか何でもアリです。最初から大金を使うのが怖ければ、少額で小さくスタートするのが良いでしょう。

4.収入源のメンテナンスとリスクの排除

晴れて収入源が育ったら、あとはこのストック収入を繰り返せば資産の拡大はできます。ただし、ネット事業でも、株でも、不動産でもメンテナンスが大切になります。一度つくったストック収入が、未来永劫ずっと利益を生んでくれるなら良いのですが大抵、そんなに甘くありません。努力して築いた収入も、努力を怠ると消えてしまうのです。

株であれば、業績が悪くなった銘柄の売却と新規購入、不動産なら修繕ですし、ウェブもマーケティングの導線チェックやSEOの改善など、やることはいくらでもあります。ストック収入の運用が安定するようになったら、そこにつぎ込む労力や追加の投資を継続的におこない、しっかりとメンテナンすることで、将来のリスクも回避できます。またその収入源からの「美味しい果実」を長期間にわたって享受しつづけることが可能になります。

5.売上が多くなったら節税する

日本は累進課税制度で、富裕層になればなるほど、税金が厳しくなります。よく政治家や芸能人やスポーツ選手が脱税で捕まりますが、1億儲けても、半分くらいは税金で持っていかれますので、なんか気持ちは分かります(いや!脱税はダメですけどw)でも合法的な節税というのもあります。ここらへんは事業内容により手法が変わりますし専門的な話で長くなるのでここでは触れませんが、簡単にいうと費用を将来の投資(便益)のために計上すると一番効果的です。

ただし”節税”というのは、収入が中途半端な時期に一番有効で、小金持ちくらいの時期が税金がかなり重く感じるのでそこでやることは、効果的だと思いますが最終的に、お金持ちになったら、最後は諦めたほうがいいですw最後は「税金を払ったほうが信用が蓄積でき、また次の事業をしやすくなる」と思えれば、一番良いと思いますが、そこまで行けたら万々歳ですね!

f:id:Pelican:20161018160711j:plain

最後に

お金持ちになれない人は、貯蓄自体がまずできない人。そして貯蓄をできている人も、将来の備えとしての貯蓄で終わっている人です。将来の備えとは、子供の教育費のために貯蓄するとか、老後のために積立てするとか。こういう人は安全に人生を送ることはできますが、楽しみは老後とか子供の将来などになります。

ワタシは、これが決して良いとか悪いとか言っているのではなくお金持ちには”絶対なれない”方法であると思っています。逆にお金持ちになる人は、貯蓄したらそれを活用し、ストック収入をつくってそれを丁寧にメンテナンスし続ける人。途中まで節税して、儲かったら最後は、税金を喜んで払いましょう!

 

 ▼私は不動産投資を使った節税をしています

www.asunarolife.net

 

▼これからの日本でお金持ちになる方法を書きました。

www.asunarolife.net