ページ コンテンツ

あすなろLIFE

不動産投資、お金・資産形成などをテーマにブログを書いています

30代の平均年収と生活費のリアル!あなたは勝ち組?負け組?

👍ピックアップ記事

f:id:Pelican:20170706103215j:plain

 

前回、30代の平均貯金額を調べました。その結果、、、

 ◆30代の平均貯金200〜300万円程度
 ◆給与に占める貯蓄割合10%〜20%程度

 

▼詳細はこちらの記事でご覧ください!

30代のリアルな平均貯金額ってどれくらい?独身・夫婦とも調べてみた。

 

これは貯金額つまり、ストックです。では、もらっている年収(フロー)はどれくらいなのでしょうか?気になる30代の平均年収ついて、今日は書いてみたいと思います。

 

※データ引用:国税庁の平成27年度「民間給与実態統計調査」より

目次

平均年収と手取り金額

まず30代でも前半と後半で、平均年収はだいぶ変わるようです。

 

30歳〜34歳では、、、

 ◆男性は451万円
 ◆女性は307万円
 ◆男女計では397万円


35歳〜39歳では、、、
 ◆男性は510万円
 ◆女性は299万円
 ◆男女計では432万円


手取りの金額イメージですが、、、
 ◆年収300万で約240万(約20万/月)
 ◆年収400万で約320万(約26万/月)
 ◆年収500万で約400万(約33万/月)
 ◆年収600万で約480万(約40万/月)
 ◆年収700万で約540万(約45万/月)
 ◆年収800万で約600万(約50万/月)
 ◆年収900万で約670万(約56万/月)
 ◆年収1000万で約730万(約61万/月)

というイメージになります。

 

年収300万円台では、支出が多い都心住まいだと、大変そうです。実家住まいでもなければ、月20万円の手取りだと、貯金するのも一苦労かもしれませんね。

業種別の平均年収

ちなみに業種別(年代問わず)で多い順にならべるとこうなります。

 1位 電気ガス水道 715万円
 2位 金融業・保険業 639万円
 3位 情報通信業 575万円
 4位 学術教育 501万円
 5位 製造業 490万円
 6位 建設業 468万円
 7位 複合サービス 425万円
 8位 不動産 424万円
 9位 運輸郵便 414万円
 10位 医療福祉 388万円
 11位 卸売小売 358万円
 12位 サービス業 345万円
 13位 農林水産鉱業 306万円
 14位 宿泊/飲食 236万円

 

上位の業種はなんとなく納得がいきます。10位以降の年収が極端に低いのは、非正規雇用(派遣・パート・アルバイト)が多くて、全体を押し下げているような気がしますね。つづいて、生活費のリアル(家計支出)です

生活費のリアル

30代というピンポイントデータが無かったので、全国平均で単身二人以上世帯で調べてみました。

単身世帯の生活費とは?

・食費 43,121
・住居費 28,935
・水道光熱 9,712
・家具家事 5,191
・被服費 8,848
・保険医療 5,867
・交通・通信費 27,259
・教養娯楽 21,980
・その他消費支出 32,067

 ※支出合計183,179

 

都市部だけで見ると、もっと住居費など高いでしょうから、手取りが20万円代前半とかだと貯金はなかなかできそうもありません。

 

20代、30代前半くらいで、貯金を◯百万もしている人ってすごいと、今さらながら感心してしまいます。※住居費が低いのは、本調査では”住宅ローン”は支出に入っていないようです。

二人以上世帯の生活費とは?

・食費 73,405・住居費 19,293

・水道光熱 20,564
・家具家事 10,071
・被服費 13,237
・保険医療 11,595
・交通・通信・自動車 53,174
・教育費 19,970
・教養娯楽 29,345
・その他消費支出 63,095

 ※支出合計313,747

二人以上世帯の特徴は、保険医療費、交通通信自動車、教育費などが入ってきているのが特徴ですね。こちらも住居費が低いのは、本調査では住宅ローンが支出に入っていないからです。

30代サラリーマンは副収入に挑戦しよう

正直言いまして、支出の抑制にも限界があります。

 

したがって30〜40代は会社員生活以外からの収入をつくる努力をするのも大切です。

▶参考:不動産投資は30代、40代からコツコツ資産を増そう

 

私の場合も、FX投資→株式投資→仮想通貨など金融投資からスタートしてきて、結局、あまり大した成果も出ず(むしろマイナス。。)で、最後は「不動産投資」にたどり着きました。

 

会社員が、小さな不動産(戸建て・区分マンション)などをコツコツ買っていく手法はリスクも小さく、確実に利益を出すことができると考えています。

 

私の場合は、戸建て投資が好きなので、ずっと継続していますが本当に安定していますよ。現在は、戸建て5棟・アパート3棟の専業大家さんとして独立しています。

 

※戸建て投資については「安定した副収入としての戸建て不動産投資」でも詳しくご紹介していますのでよかったらご覧になってください。

 

本日は以上となります。最後に、参考書籍のご紹介です。

 

私が資産形成するために一番参考になったのは【自由な人生を手に入れる教科書】という電子書籍です。アマゾンで電子書籍部門の1位を獲得した書籍で、資産形成の手法が具体的に掲載されています。

 

ネットで収入を増やすノウハウについての実用書をまだお持ちでない方は、絶対に読んでおいたほうがいい最初の1冊です。

 

ネットで収入を得られるようになると、本当に家計が楽になりますよ。無料でダウンロードできるので興味があれば読んでみてください。

 

以下、関連記事です。

 

▼30代の貯金額ってみんなどれくらい貯めているの?という素朴な疑問から調べてみました。独身、夫婦でもだいぶ違うようです。

www.asunarolife.net

 

▼収入の柱を増やすと、嫌な仕事を無理してやる必要が無くなります

www.asunarolife.net

 

▼夫婦の生活費について、食費・水道光熱費など、項目別に詳しく調べてみました

www.asunarolife.net

 

 ▼人生の3大支出の一つが子供の教育費です。必要額をテーマに書いています。

www.asunarolife.net