京葉銀行・千葉信用金庫のアパートローン

こんにちは。ペリカン(@Pelican0825)です。千葉県を中心に賃貸業をしています。

 

今回、千葉県の京葉銀行さん・千葉信金さんのアパートローンについてヒアリングしてきました。

 

不動産投資を始めて資産を増やしたいと考えている方が最近は多くなっていますね。

 

株式投資で1000万の3%なら年間30万円しか手残りしません。しかし、不動産投資なら1000万を元手に1億の借り入れをすれば、同じ3%でも300万円手残りするということです。

 

融資による「レバレッジ効果」は大きいですね。

 

ただ今回のような地場の地銀・信金だと、エリア・属性が限定されます。それを踏まえて、どのような戦略を取るべきかを個々人で考えていくことも必要になります。

 

それでは、早速行ってみましょう。

京葉銀行アパートローンの特徴

京葉銀行は、千葉県の第2地銀になります。

※ちなみに、第1は千葉銀行さんですね。

 

東京都区内にも3支店(日本橋・東陽町・品川)あります。

利用条件・属性など

まず、京葉銀行のアパートローンは以下が利用条件になります。

 

アパートローンの利用条件
1.相続税対策でのアパート経営
2.地主さんの土地活用
3.賃貸業を専業でやっていること

 

1、2はつまり資産家の方向けということです。

 

問題は3ですね。基本的に、賃貸業を専業でやっていてそれで生計を立てている個人・法人が対象になります。

 

電話でヒアリングした際にも「サラリーマンの副業への融資はしていません」と明確に仰っていました。

 

昨今のスルガ事件などの影響もあるようで、サラリーマン向けの投資活動には本部の目線が厳しくなっているとのことでした。

融資可能エリアについて

融資エリアは、東京エリア・千葉エリアになります。茨城南部なども、不可能ではないようですが、やる意義・目的が必要とのことです。

 

なお千葉県在住の人には東京エリアの融資は出ますが、東京在住の人に千葉エリアへの融資はできません。

 

東京在住の人が、東京の物件に対して、東京3支店に物件を持ち込めば審査は可能になります。

金利・融資期間について

金利は物件や資産背景でだいぶ変わるようで明確な回答はありませんでしたが、変動金利で1%台ということでした。

 

期間は法定耐用年数までになるので、木造22年・重鉄34年・RC47年で、新築・中古ともに融資可能です。

 

ただし木造新築で25年とする場合は、最後の3年は家賃収入ゼロとして収支計算して、トータル期間の収益性を判定するということでした。

 

自己資金は2割くらい入れる人が多いよう。収益性が良かったり、上得意さんだと1割になることもありますが、フルローン・オーバーローンはほぼ難しいようです。

物件評価方法について

なお物件評価はストレステストになりますが、金利3%で計算されます。これで収支が回ることが条件です。

 

しかし、万一回らない場合でも他の物件の家賃収入を考慮して、全体評価で問題ないなら融資OKとなることもあります。

 

アパートローンについては支店内決済というのはなく、すべて本部決済になるそうです。

 

なお事業用のリフォームローンというのは無いので、無担保物件を抵当に差し出してプロパーローンでの検討はしてくれます。

 

基本は、物件本体が他行の抵当が付いている場合は、リフォームもその銀行に相談すべきとのことでした。

千葉信用金庫のアパートローンの特徴

 

千葉市中央区に本店を置く、信用金庫です。

利用条件・属性など

こちらはサラリーマンNGというようなことはありません。

 

サラリーマン・個人事業主・法人など、広く融資をしています。

融資可能エリアについて

千葉県全域にあるので、千葉県内はどこまで融資可能ですが、エリア内に在住していることが条件になります。

 

隣接している市であれば融資は可能ということでした。

 

※ちなみに私の場合は、千葉県北部に在住しているので柏市・我孫子市・白井市・印西市と、茨城県の取手くらいはOKでした。つくば市などはNGのようです。

 

千葉県内の他の市町村は、そのエリアの支店と連携して融資なようです。絶対に、隣接している市じゃないとダメということでも無さそうです。

金利・融資期間について

基準金利は変動金利で1.275%です。

 

3年固定、5年固定、10年固定など、固定期間を儲けると、1.5%、、、1.7%など上がっていくようです。

 

基本は法定耐用年数までですが、信用保証協会の保証が受けられれば、もう少し延びます。

 

自己資金は2割+諸費用で、新築アパートだと利回り8%くらいあると評価しやすいと仰っていました。もちろん、中古物件もOKですが、法定耐用年数の問題があるので、築浅でないと収支が厳しくなります。

 

中古ならおのずと重量鉄骨やRCなど耐用年数が長いものになるでしょう。

物件評価方法について

サブリースが付いていると評価しやすいようで、サブリース無しの場合は保証協会付きでないと融資ができません。

 

ここはけっこう重要ですね。基本は、信用保証協会付きで融資承認を取っていくということです。

 

なお保証家賃の7割で収支が回るかをみて、物件評価をするようです。

自己資金2割が当たり前の時代

 

今回、地銀・信金のアパートローンは基本2割の頭金+諸費用の準備が必要であることを再認識しました。

 

物件価格が5000万円なら1000万+諸費用、物件が1億なら2000万+諸費用なので、かなり資産背景がないと厳しくなります。

 

もちろん収益性が良ければ、1割でも通る可能性があるようなので、諦めてはいけませんね。1割なら上記の半分の自己資金で可能性が出てきます。

結論:フル・オーバーローン時代の終焉

 

京葉銀行・千葉信金ともに、スルガ事件などの話題が電話でも出たのが、印象的でした。

 

両社とも「支店としては出したいが、本部の審査がキツくなっている」とおっしゃっていたので、やはりスルガ事件の影響はかなりあるように感じました。

 

今回の2社は、新築・中古とも法定耐用年数プラスアルファまでなので、かなり安全運転な投資ということですね。

 

ただし先日のニッセイのアパートローンのように、土地持ちでないと融資不可というような感じでもないので、ちゃんと自己資金を入れて、健全な賃貸業をする方には適していると思います。

 

以下、関連記事です。

 

▼千葉銀行のアパートーローンの解説です。千葉県では、最も大規模に不動産向け融資を出しています。条件によっては、フルローンも狙えるようです。

 

▼法定耐用年数超えなら三井住友トラストが有名です。金利が3.9%ですが、築古に20〜30年融資が出ますので、初期のキャッシュフロー狙いに適しています。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事