富裕層になるために年収はいくら必要か?

富裕層の定義は、「資産が1億円以上ある人」です。

 

具体的には、、、、貯金や株式や不動産など全資産から借金を差し引いて残った純金融資産が1億円以上あることです。なかなかハードな条件ですよね。

 

しかし富裕層はなんと!日本で114万世帯もいます。日本全体では5300万世帯ほどなので、50人中1人は富裕層なわけです。考えようによっては、なんか必死で頑張れば行けるかもしれません。

 

今回は、富裕層を目指すために、我々は何をすべきなのか?年収はどれくらい必要なのか?を解説します。

大半の人は自転車操業

マス層とは資産3000万未満の人で、日本ではほとんどがこの層です(約4100万世帯)。

 

なぜ日本のほとんどがマス層かというと、家計が苦しいからです。ほとんどの人が、自転車操業または僅かな貯蓄で暮らしています。

 

毎月お父さんが稼いでくる給料が30万円で、家計の支出が30万円ならお金は貯まりません。支出を抑えて25万円/月にすると、毎月5万円の貯蓄。住む場所や生活費を切り詰めて、支出を20万円に抑えれば、10万円の貯蓄です。夫婦共働きなら収入50万円、支出30万円にして20万円貯蓄できますね。

 

ここで最大の課題は貯蓄のみで富裕層になれるのか?ということです。

「貯蓄のみ」で富裕層になるシナリオ

まずは、がんばって貯蓄するシナリオです。

 

前提として、30歳から貯蓄スタートして、定年を迎える60歳(30年後)までに達成することを目指します(70歳や、80歳をゴールとすると、肉体的にも精神的にも元気かどうか分かりませんので、「60歳」というリタイア年齢を目標とします)

 

こちらが、シミュレーション結果です。

 

貯蓄シミュレーション

 

これを見ると夫婦二人で、毎月30万円の貯蓄を30年間続けて、やっと1億円に到達します。

 

子供ができて、奥さんが働けなくなろうが、どんなに教育費がかかろうが、毎月30万円の貯金を、休むこと無く継続しなければ達成できません。これはなかなか厳しいと言わざるをえません(冠婚葬祭や旅行などもありますからほぼ100%不可能でしょう)

 

なぜならサラリーマンで夫婦二人で働いて、DINKSなら、毎月60万円稼ぐことはできますが、子供が作れませんし、そんなに稼いでいながら、質素かつ行楽費を削りながらの生活というのは、イメージが付きません。

 

あるとしたら旦那が毎月60万円の手取りを稼ぎ、奥さんがパートで働いて、子育てしながら暮らすことですが、毎月手取り60万円も稼げるサラリーマンというのは、税金も考慮すると年収1000万くらい稼がないといけませんから、かなりの狭き門です。

 

この状態で30年間、文句も言わず、ひたすら貯金しなければ「富裕層」には到達しないということです。

複利運用した場合

貯蓄だけなら茨の道でも、投資をしながらなら可能かもしれません。貯蓄しながら、それを運用に回したり、ビジネスを副業で行って、雪だるま式に増やしていく作戦です。

 

例えば、、毎月貯蓄もしながら年利3%で運用した場合です。株式の配当で、うまくやれば到達可能な水準かもしれませんね。これだと毎月20万円の貯蓄で30年後に達成できます。

 

年利3%

 

続いて年利5%の場合です。リスクを取って投資運用するパターンですが、海外ETFや、運用リターンの良い投資商品でなんとか、運用利回り5%(←かなりすごい数字ですが)を達成する場合です。

 

これだと毎月15万円でも30年後に達成可能です。

 

年利5%

まとめ

結論としては、貯蓄のみで富裕層になることは厳しいので、投資しながら貯蓄継続することが一番の近道だと思います。

 

結論は以下です。

  • 毎月20万円で年利3%
  • 毎月15万円で年利5%

このどちらかのシナリオが一番現実的ではないでしょうか。

 

逆に言うと、、、貯蓄を月15万円/月以上しないと、富裕層には到底なれないということが言えます。毎月40万稼いで、生活費を25万円におさえるイメージです。

 

手取り40万なら年収600万くらいは欲しいところですね。それを毎年の安定した複利で運用することが必要になります。

 

もし貯蓄10万円/月で60歳で1億円達成するには年利回りが8%以上も必要になりますので、普通の金融商品では厳しい水準であり、事業でガンガン稼がないと達成できないレベルだと考えています。

おまけ:堅実に稼ぐなら不動産が私のオススメです

私が手がけている地方不動産投資だと、300万円〜700万円くらいの自己資金で1棟買うことができます。地方で購入して、地方で賃貸業をするということです。

 

都市型のほうが安心の方は、好立地の中古マンションが良いでしょう。

 

築20年~30年くらいで程度の良いものを見つけて、綺麗にリフォームして貸し出すのがおすすめです。実際、これを都心型でやっているのがRenocyです

 

Renosyは東京都内や関西エリアで、中古マンション探しのお手伝いをしてくれて、購入後のリノベーション、保守・管理までを一括サポートしています。

 

ちなみに、Renosyを運営しているGAテクノロジーズ社は、この不動産テックサービスが好調で、2018年に東証マザーズに上場もしている勢いのある企業です。

 

私も資料請求してみたのですが、不動産経営の初心者にも分かりやすく内容がまとまっていました。

 

低利回りでサブリース型の新築アパートとかを買うくらいなら、こうした小ロットな都心中古マンション(1000万円台くらい)を、運営するほうが空室リスクも低いでしょう。

 

ご興味のある方はRenosyの資料も一度ご覧になってみてください。けっこう勉強になると思います。 ⇒ Renocy

 

以下、関連記事です。

 

 ▼「お金持ちになる方法」は3つしかありません。その理由を解説しています。

 

 ▼お金を残す方法についてのまとめです。安定収入と節税がポイントになります。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事