ページ コンテンツ
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あすなろLIFE

不動産投資家がお金の話、WEB・IT、書評、雑記など多方面に書いていきます

早期退職するために必要な貯蓄額はどれくらいなのか?【50代・40代リタイア】

👍人気記事セレクション

早期退職

早期退職後に必要な生活費

 

公益財団法人 生命保険文化センターが公表する「生活保障に関する調査」では

 

  • 老後に夫婦二人が必要な最低生活費は22万円

 

という結果でした。

 

 

同調査では、ゆとりある生活には、35万円程度必要という記述があったため

 

  • 余裕を持つなら30万円程度

 

、、、くらいは無いと、夫婦二人で食べていくのが難しい状況になりそうです。

 

50代での早期退職

 

定年が60歳とすると、一般的な「早期退職」というのを思い浮かべたときには、50代で退職できれば理想的、という人も多いでしょう。

 

50代というと、まだ身体も元気で、運動したり、趣味に興じたり、旅行に行ったりと、いくらでも好きなことをすることができる年代です。

 

ではここから厳密な計算に入っていきますが、例えば、50歳ちょうどでリタイアしたとすると、90歳まで生きたとして、残り40年ほどあります。先ほどの調査結果より、夫婦二人で毎月30万円必要なら、年間360万円×40年=1億4400万円必要になります。

 

年金制度は、今後は減額や年齢引き上げが予想されるので、算出が難しいですが、例えば65歳〜90歳まで、夫婦二人分で月額20万円もらえるとすると、年間240万円×25年=6000万円しかもらえません。

 

その結果、、、、

 

  • 50代早期退職に必要な貯蓄額は8400万円

   (1億4400万円ー6000万円)

 

ということになります。かなりの貯蓄額が必要ですね。

 

40代での早期退職

 

同じ条件で算出してみましょう。

 

40歳ちょうどでリタイアしたとすると、90歳まで生きたとして、残り50年です。夫婦二人で毎月30万円必要なら、年間360万円×50年=1億8000万円必要になります。

 

年金は、65歳〜90歳まで、夫婦二人分で月額20万円とすると、年間240万円×25年=6000万円しかもらえません。

 

その結果、、、、

 

  • 40代早期退職に必要な貯蓄額は1億2000万円

   (1億8000万円ー6000万円)

 

ここまでくると、ちょっと非現実的な世界にも感じます。

 

早期退職のポイントは支出抑制

 

このように統計に沿った計算をしてしまうと、8000万円〜1億超えという、巨額の貯蓄が必要になってしまいます。サラリーマンとして現役時代に、これだけの貯金をするというのは現実的に不可能でしょう。

 

そこで大事なのは、変動(コントロール)できるものに焦点を当てることです。

 

年金の金額は大きく増えたりすることはありませんし、国の制度なのでしょうがないですね。収入はコントロール不可能(上げることはできない)なのです。

 

大切なのは支出(毎月30万円)を削減できないかを考えることが一番重要です。30万円ではなく、25万円とか、20万円で毎月生活できるよう、工夫します。

 

私の知人で、40代前半でセミリタイアした人がいますが、彼は貯蓄額が4000万円くらいしかありませんでした。しかし、年間の家計支出を150万円程度におさえ、資産の大半を金融投資(株式やETFの長期投資)をすることで、そこから得られる配当で、資産が減らない仕組みをつくっていました。

 

もし50歳でリタイアしたいなら、毎月20万円の支出なら、40年間で9600万円必要になりますが、そのうち年金で6000万補えば、残りの必要な金額は3600万円ほどにまで下がります。

 

支出を抑制すると、劇的に必要貯蓄額も下がっていくのです。

 

セミリタイアするなら自分で事業を営む

 

40代とか、もっと若い30代での退職するとなると、これはもう早期退職というより、大橋巨泉さんのような、セミリタイアに近いものだと言えるでしょう。

 

しかしながら、現実的に30代〜40代で資産が4000万とか5000万円もある人というのは少ないと思いますので、そのくらいの年齢でのリタイアを目指すなら、基本は起業して個人で事業することを考えなければいけません。

 

つまり貯蓄をして、それを取り崩しながら生活する方式ではなく、自分でキャッシュを稼いで、毎月のインカム収入(生活費)を稼ぐということです。毎月、お給料で50万円〜100万円を、継続的かつ安定的に稼ぎ出せるなら、それは事業家として問題なく食べていくことができます。

 

「会社を辞めて早期リタイアしたい」という人の中には、悠々自適に、自由に生きたいだけで、働くこと自体はそんなに嫌いではない、という人もいるかもしれません。

 

そういう人は、金融投資をコツコツして、資産形成するにはどうしても時間がかかりますので、若くてエネルギーがあるうちに、お金を稼ぐネタを見つけてはトライすることをおすすめします。最初はお小遣い稼ぎ程度でも、それがだんだん大きくなって、最後はかなりの金額が稼げるようになっていた、という展開は可能性としてゼロではありません。

 

自分が興味が湧くものや、継続的にできそうなものを探すことは、早期退職のための一番の近道かもしれません。

 

参考書籍♪

私が早期退職して独立する時に一番参考になったのは【自由な人生を手に入れる教科書】という電子書籍です。アマゾンで電子書籍部門の1位を獲得した電子書籍で、お小遣い稼ぎや資産形成のことが豊富に書いてあります。

この本の著者のだいぽんさんは、学生時代に極貧生活をしていたところから、起業して食べていけるようなるまでの壮絶な半生がストーリー調で書いてあり面白いです。事業をするためのノウハウが凝縮した、魂のこもった非常に濃い内容になっています。

ネットで収入を得るノウハウについての実用書をまだお持ちでない方は、絶対に読んでおいたほうがいい最初の1冊だと思います。無料でPDFダウンロードできるのでお時間のあるときにご覧になってみてくださいね ♫【自由な人生を手に入れる教科書

 

 ▼鬱になる前の処方箋です

www.asunarolife.net

 ▼アーリーリタイアするまえに必要な心がまえです

www.asunarolife.net