ページ コンテンツ

あすなろLIFE

不動産投資、お金・資産形成などをテーマにブログを書いています

サラリーマンが不動産投資で「脱会社」するために必要なこと

サラリーマンという囚われの身と負のサイクル 私がサービス業で仕事をしていたサラリーマン時代は、長時間・低賃金労働で、まるで何も先が見えない、真っ暗なトンネルの中をひた走るかのような感覚がありました。 当時は、毎月70時間〜100時間ほどの残業をこ…

やらないと危険!不動産投資の家賃相場と空室率のチェック

銀行、信用金庫が行う不動産業への新規貸し出しが、2015年は10.7兆円、2016年は12.3兆円と連続で、バブル期(1989年)の10.4兆円を大きく超えてきました。 これはマイナス金利政策の影響が大きいでしょう。また、改正相続税法(2015年1月施行)によって、地…

株式投資で「お金持ち」を夢見るのは幻想なのか?

2008年のリーマンショック時に8000円台だった日経平均株価は、今では2万円を超える水準になっています。まさにバブルの様相を呈しています。 これだけ株式市場が好調なら、今まで「投資」をしたことがない人でさえ、「株でも始めてみようかな!?」と考える…

不動産投資のリアル!2017年11月の家賃収入と活動報告

11月の不動産投資の結果報告です。恒例の1円単位の報告です。 11月の家賃収入 今月の家賃収入と各物件の入居率は、以下のようになりました。 【長野アパート:94,050円】満室 収入99,000、管理費4,950円 【群馬アパート:254,502円】9/10入居 収入277,000円…

築古物件を満室にするために最初にやるべき空室対策

私が保有している物件は、だいたいが築30年前後の地方の築古アパート・戸建てばかりです。 現代は、人口が減っているのに、田舎の新築アパートが乱立しているような時代ですから、こんな築古物件ばかりだと普通に募集していても申込みは入りません。 今回は…

テラスハウス投資のメリットと問題点

テラスハウスは投資としてどうなのか、というご質問をよく頂きます。 この高騰相場で投資をスタートするのであれば、RCで一発大勝負するのではなく、比較的小さな不動産を狙って購入していく人もいるでしょう。区分マンション、戸建て、テラスハウスなどは、…

不動産投資で3点ユニットで勝負する方法

2017年から収益不動産に対する金融機関の引き締めが入ったことで、一時期の不動産価格の高騰より若干落ち着いてきた印象はあります。しかし、収益物件はまだまだ高値水準であることには変わりありません。 このような高騰相場にあると、3点ユニットのアパー…

閑散期の空室対策!2ヶ月で空室を埋めた不動産投資のストーリー

高金利で有名な、S銀行の抵当が付いた物件が、競売にかかっているニュースが飛び込んできました。おそらく高属性のサラリーマンが、融資付き物件として購入したパターンだと推測されます。 徐々に空室が増加したことで、サラリーマン収入からの補填ができず…

相続した実家・空き家を高く売却する方法

2033年に空き家率は30%を超える 野村総研さんが、2018~2033年までの空き家数・空き家率の予測を発表しています。現在の日本は空き家率がだいたい15〜17%程度ですが、なんと2033年には空き家率が30%を超える水準まで増えます。 (資料:実績は総務省「住…

初心者が不動産投資で最初に苦労すること3つ

私が投資をスタートした頃 私自身、不動産投資をスタートしたのが2014年12月ですから、もうすぐ3年が経とうとしています。これまで3年間で、中古のマイホーム(任売物件の再生リフォーム)を含めると、8棟の物件を買い付け・決済してきました。 しかし、賃貸…