庭木の伐採&カーポート撤去

こんにちは。ペリカン(@Pelican0825)です。不動産賃貸業を専門としています。

 

庭木を伐採すれば、駐車場がもう一台作れそう!

 

、、、なんていうケースはよくありますよね。特に、古い住宅だと、植木がたくさんあって、それが邪魔で1台しか駐車できないことがあります。

 

私の持っている物件が、まさにそんな感じでした。

 

駐車スペース

 

現在の駐車場は、横幅が2.3mしかありません。したがって、「小型車限定」になってしまうのです。

 

カーポートの支柱がなければ横幅のサイズを2.5mに拡張でき、普通乗用車(プリウス等)も駐車できるようになるはずです。

 

 

奥の庭木を撤去すれば、縦列で2台駐車できるようになるでしょう。

 

というわけで今回は、庭木伐採とカーポートを撤去して、駐車場増設にチャレンジしました!

 

実現したステップや費用について詳しく解説していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

植木伐採&カーポート撤去して駐車場をつくった方法

庭木

 

まずは庭木の抜根です、これはどのくらい費用が掛かるのでしょうか?

 

1.「抜根」すると費用が高いってホントなの!?

抜根の費用が、何によって決まるか、みなさんご存知でしょうか?

 

答えは、「幹の太さ」と「木の高さ」の2つで決まります。

 

だいたいの費用は以下のとおりですね。

 

幹周りのサイズ費用
〜30cm1万円〜2万円/本
31〜50cm2万円〜3万円/本
51cm〜80cm4万円〜8万円/本
80cm〜5万円〜10万円/本

 

上記は、抜根費用のみです。これ以外に、幹と根の処分費用が、別途2万円〜5万円くらい掛かります。

 

つまり全体では、細い木でも3万円〜5万円くらい掛かり、太めの植木だと10万円以上になることもザラなんですよね。

 

ですから、木は「抜根」ではなく「伐採」するのがオススメです!

 

そうです!根は抜かないのです!幹を切ってもらうだけだと、かなりコストダウンできるのです。

2.くらしのマーケットで庭師さんを探す

肝心の伐採してくれる業者さんですが、くらしのマーケット で探すことができます。

 

私も普段いろんな工事をこのサイトで発注しますが、良心的な価格で、口コミで比較もできるので、大変便利です。

 

今回も、エリアで絞り込んで、庭師さんを探しました。以下のイメージで、発注前にメッセージで相談することができます。

 

メッセージ機能

 

私は口コミが良いだけでは不安なので、必ず複数の業者さんにメッセージで相見積もりしてみて、業者さんを選ぶようにしています。

 

メッセージで植木2本の伐採費用を聞くとともに、「カーポート撤去もお願いできますか?」と質問してみました。

 

対応可能な業者さんは限られると思いますが、3〜4社聞けば、1社くらいは引っかかってきますので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

3.当日の作業について

 

当日は、上記の太い2本の木を伐採してもらいました。もちろん根っこは、残してもらって「伐採」のみです。

 

そして、カーポートは撤去してもらいました。きれいサッパリしました。

 

 

カーポート撤去の写真

 

カーポートを撤去すると切った部分の地面に穴があくので、そこはセメントで埋めてもらいました。

 

以下のイメージですね。

 

セメントで埋めた写真

 

最終的に、縦列で2台駐車できるようになりました。

 

わが家の大きめのSUV車を入れても、まだ余裕がありますね。

 

広くなった駐車場

広くなった駐車場2

今回、伐採&カーポート撤去に掛かった費用

今回掛かったコストは、以下のとおりです。

 

掛かった費用まとめ
  • 植木(2本)の伐採費用 18,000円
  • カーポート撤去費用 18,000円
  • 植木の処分費用:18,000円

合計:54,000円

 

費用が抑えられた要因は、カーポートがアルミ製だったので、そこの処分費が掛からなかったからですね。

 

最近のカーポートはだいたいアルミ製だと思いますが、もしそうでなければ別途、処分費が2〜3万くらい見ておきましょう。

 

切った部分をセメントで埋めるのは、業者さんにサービスでやっていただけました。ありがたい限りです。

あとがき

今回は、費用が5万円台で収まったので、かなり安くできたほうかもしれませんね。

 

しかし、抜根せず「伐採」で依頼して、くらしのマーケットで低価格の業者さんを探せば、これに近い費用で実現することは誰でも可能だと思います。

 

もちろん巨大な木が何本もあるようだと、もっと費用は上がります。その場合は、写真を撮影して、事前にメッセージ機能で業者さんによく相談するのが良いでしょうね。

 

というわけで、伐採費用&カーポート撤去でした。機会があれば、皆さんもチャレンジしてみてくださいね!本日は以上です。

 

以下、関連記事です。

 

▼戸建てのベランダをDIYで防水する方法について解説しています。

 

▼エアコンクリーニングの効果はすごいです!シーズン前にやっておきましょう。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事