きらぼし銀行アパートローン

こんにちは。ペリカン(@Pelican0825)です。築古中心の不動産投資をしています。

 

今回はきらぼし銀行のアパートローンの融資基準についてヒアリングしてきました。

 

きらぼし銀行は、もともとは旧:八千代銀行が母体となっています。2018年に東京都民銀行、新銀行東京と合併して、「株式会社きらぼし銀行」と社名が変わりました。

 

社名を新たにして、不動産担保ローンについてどのような融資姿勢なのか?詳しく解説していきます。

きらぼし銀行は東京・神奈川を中心にエリア展開

融資エリア

 

きらぼし銀行は港区南青山に本店をおく地銀です。

 

預金残高4兆8千億円、貸出残高は3兆6300億ほどで、日本で18位の預金量となっています。合併して規模が大きくなりましたね。

※ウィキペディア「地方銀行」より

 

店舗展開は以下のとおりです。

 

  • 東京178店舗
  • 神奈川51店舗
  • 埼玉県3店舗(鳩ヶ谷支店・戸田支店・朝霞支店のみ)
  • 千葉1店舗(船橋支店のみ)

※公式HPの「店舗のご案内」より

 

上記のとおりです。

1都3県にて営業展開していますが、そのほとんどが東京・神奈川に集中しています。

 

融資可能エリアについて

営業エリア

 

一番のポイントは、営業エリア内に自宅または法人登記がされていないといけません。

 

ですから東京・神奈川に在住の方は比較的どこのエリアでも相談可能だと思いますが、埼玉・千葉など支店が少ないエリアでは、その時点で条件を満たせない人が多いでしょう。

 

将来的には、埼玉・神奈川でも店舗が増えてくる可能性があります。

 

しかし、現時点では東京・神奈川エリアでアパート経営をする人向けの金融機関ということになります。

金利・融資期間・融資額について

担当者談では、2%台が中心ということでした。

※公式HPでは変動金利で2.475% 〜 2.725%ほどのようです

 

ただし、条件の良い物件であれば、金利は1%台後半でも可のようです。これくらいになってくると、新築アパートでも検討範囲に入ってきますが、どちらかというと地主向けに近い水準ですね。

 

Point!
期間は、法定耐用年数内が基本ルールになります。返済期間は最大35年までになります。

 

融資額は1億円までなので、あまり大きなロットの投資には向きませんね。

なお区分マンション投資なども可能のようですが、1000万円以下など小ロットのものにはほとんど取り組まないとのことです。基本は、アパートなど1棟物向けのローンということですね。

きらぼし銀行のアパートローンの活用方法

アパートローン

 

条件が良くても金利が1%台後半ということなので、土地から仕込むセミプロの方にとっては、もう一歩足りないかなという印象ですね。

 

また法定耐用年数内が絶対ルールということなので、築古×木造には向きません。私は築古系の投資家なのでこの点は残念ですが、これが地銀・信金系では一般的です。

 

したがって、活用方法としては次の2つですね。

 

活用方法
  1. 利回り9%以上など高利回りで設計した新築アパート
  2. ロットが1億以下の耐用年数が残っている1棟マンション

 

上記が現実的な活用方法です。

 

条件が良ければ、1%後半〜2%前半で融資が出る可能性があるので、ある程度イールドギャップを取れる物件で勝負すべきですね。

 

間違っても利回り6〜7%くらいのアパートでは、ほとんどキャッシュフローが出ないので取り組みに注意しましょう。

 

以上を鑑みると、地主さんの土地活用だったり、資産性のある物件を長期にわたって保有する物件向きです。

 

つまり「節税・資産化」を目的としたアパートローンだと言えるでしょう。

 

もう少し金利が1%前半〜中盤だと使い勝手が良いのですけどね。2%前後というのが若干使いづらさを感じてしまいますね。

 

以下、関連記事です。

 

▼新築・築古ともにアパートローンに積極的な千葉銀行のご紹介です。

 

▼自営業・個人事業主向けにアパートローンについて解説しています。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事