世帯年収1000万

こんにちは。ペリカン(@Pelican0825)です。

 

DINKSなら夫が年収600万、妻は400万円程度でも、世帯年収は1000万円に達します。これだけあれば貯金や投資など「将来に向けた備え」ができます。

 

しかし、子供ができて妻が育休に入ったり専業主婦になると、途端に世帯年収が落ちますよね。

 

夫の一馬力では年収400〜600万くらいになるケースが大半でしょう。

 

もちろん生活コストによりますが、旦那だけ一馬力で年収400〜600万では、貯金も月に10万円くらいできれば良い方ではないでしょうか。都心部に住むファミリーなら、ほとんど家計は自転車操業になることもあります。

 

かくいう私も現在はDINKSですが、子供ができても1馬力にならないように不動産投資をしています。

 

今回は、不動産投資で世帯年収1000万円をキープする方法とメリットについて解説します。

世帯年収1000万円は全体の10%もいない

 

実は統計をみても、世帯年収1000万ある家庭というのは、かなり少数派です。

 

世帯年収

 

上記のとおりです。

 

30代で世帯年収1000万超えの家庭は、全体の10%未満になります。

 

日本の世帯年収の平均は552万円となっています (厚生労働省の統計データより)。これだと大半のサラリーマンはなかなか貯金が進みません。

 

原因は、結婚して子供ができて奥さんがフルタイムで働けなくなったからですね。

不動産投資で世帯年収1000万円を目指そう!

不動産投資

 

結論、「投資」で稼ぐことが必須になります。かといって忙しいサラリーマンが、株やFXのデイトレードなどで稼ぐなんて非現実的ですよね。

 

そんな中、私がやっている不動産投資はおすすめです。

 

ペリカンも毎月100万円以上の家賃収入を得ていますが、毎月数万円単位で安定して稼げるのは大家さんになる他ないと確信しています。

 

サラリーマン大家、ワーママ大家という言葉もありますね。兼業で大家さんをやるのは、そんなに難しくないということです。

おすすめは戸建て投資・区分マンション投資

不動産投資は”億の借金”を背負ってやるというイメージがあります。

 

もちろん、こうした大きなロットでの投資をする大家さんもいますが、ごく一部ですね。

 

私の知り合いの地方大家さんだと、数百万円の戸建てや区分マンション、もう少しロットを上げてもせいぜい数千万円くらいのアパートなどの経営をしている人が多いですね。

 

億のロットで買う人は、不動産業界でも多数派ではありません。ペリカンもアパート3棟、戸建て8棟を運営していますが、一番大きなロットでも3000万円。一番小さな物件だと50万円で購入したことがあります。

 

私のやっている小ロット投資については、以下もご覧ください。

 

不動産投資のメリット

主に3つのメリットがありますね。

 

不動産投資のメリット
  1. 奥さんが専業主婦でも2馬力になる
  2. 子供が鍵っ子にならなくて済む
  3. 貯金がたまり人生の自由度が上がる

 

奥さんが専業主婦で旦那だけ働いていても、副業で大家さんをしていれば実質の2馬力です。

 

家賃収入があれば、大切な子供との時間を削ってまで、10〜15万円のパート収入をつくる必要が無くなります。「子供が鍵っ子にしたくない」という人は多いと思います。

 

さらには貯金がたまり人生の自由度が上がるということですね。不動産=「自分の分身」ですから、DINKSと同じような効果があります。

 

もし夫婦共働きをして、そこに不動産収入もあれば、3馬力ということになります。ここまでやれば、多少外食の回数を増やしたり、旅行を豪華にしたりすることができますね。

家賃収入があれば世帯年収1000万は難しくない

例えば、サラリーマン給与が600万であっても、家賃収入が400万あれば世帯年収は1000万に達します。

 

家賃収入400万円というと凄いように感じますが、地方の3000〜4000万のアパートであれば1棟で年収400万くらいにはなります。

 

もちろんローン返済がありますので手取りを考えるならアパート2棟くらい運営するか、現金で買った戸建てや区分マンションを1つ、2つ混ぜていけば、手取り300〜400万円も十分射程圏内になるでしょう。

 

ですから家賃年収400万円というのは、さほど多くの不動産が必要なわけではありません。

 

東京都心部などでは、高額の住宅ローンを組んでしまって奥さんも専業主婦となって、身動き取れなくなっているサラリーマンがけっこういます。

 

そうならないために住宅ローンを組む前に、不動産投資で2馬力3馬力にしておくことが賢明だと私は思います。

 

 

マイホームを買うなら、中古の家を買って返済負担を削減するか、先に収益物件を買うほうがオススメですね。

 

中古のマイホームなら、返済負担も少ないので、アパートローンを借りるときの審査でもマイナス評価がされにくいでしょう。マイホームを新築で4000万円、5000万のものを買ってしまうと、だいぶ与信を使ってしまうので注意しましょうね。

 

先に大家さんになれば、その家賃で収益ローンも、住宅ローンも払えるのですから、とても夢のあるビジネスだと私は思っています。

 

以下、関連記事です。

 

▼家賃収入1000万円を狙うためのステップについて解説しています。

 

▼戸建て投資だけでどれくらい規模拡大できるのか?についてシミュレーションしています。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事