早期退職するために必要な貯蓄額はどれくらいなのか?【50代・40代リタイア】

今回のテーマは「早期退職に必要な貯蓄額」です。

 

その前にまずは退職後の生活費がいくらで収まるのか、ポイントになりますね。

 

さっそく、データより見てみましょう。

早期退職後に必要な生活費

公益財団法人 生命保険文化センターが公表する生活保障に関する調査では

  • 老後に夫婦二人に必要な生活費は22万円

というデータが公表されています。

 

また同調査では、ゆとりある生活には、35万円程度必要という記述があったため

  • 余裕を持つなら30万円程度

、、、くらいは無いと、夫婦二人で食べていくのが難しい状況になりそうです。

50代で早期退職するために必要な貯蓄額

定年が60歳とすると、一般的な「早期退職」というのを思い浮かべたときには、50代で退職できれば理想的、という人も多いでしょう。

 

50代というと、まだ身体も元気で、趣味に興じたり、旅行に行ったりと、アクティブに好きなことを楽しめます。

 

もし50歳ちょうどでリタイアすると、90歳まで生きたとして、残り40年ほどあります。先ほどの調査結果より、夫婦二人で毎月30万円必要なら、年間360万円×40年=1億4400万円必要になります。

 

年金制度は、今後は減額や年齢引き上げが予想されるので、算出が難しいですが、例えば65歳〜90歳まで、夫婦二人分で月額20万円もらえるとすると、年間240万円×25年=6000万円しかもらえません。

 

その結果、、、、

  • 50代早期退職に必要な貯蓄額は8400万円

   (1億4400万円ー6000万円)

ということになります。これだと、かなりの貯蓄額が必要ですね。

40代で早期退職するために必要な貯蓄額

同じ条件で算出してみましょう。

 

40歳ちょうどでリタイアしたとすると、90歳まで生きたとして、残り50年です。夫婦二人で毎月30万円必要なら、年間360万円×50年=1億8000万円必要になります。

 

年金は、65歳〜90歳まで、夫婦二人分で月額20万円とすると、年間240万円×25年=6000万円しかもらえません。

 

その結果、、、、

  • 40代早期退職に必要な貯蓄額は1億2000万円

   (1億8000万円ー6000万円)

これは、ちょっと非現実的な世界にも感じます。

早期退職のポイントは支出抑制

このように計算をしてしまうと、8000万円〜1億超えという、巨額の貯蓄が必要になってしまいます。サラリーマンとして現役時代に、これだけの貯金をするというのは現実的ではありませんね。

 

今後、年金の支給額が大きく増えることは考えにくいでしょう。これは国の制度なのでしょうがないことです。ですから収入を増やすことは難しいのです。

 

大切なのは支出(毎月30万円)を削減できないかを考えることです。30万円ではなく、25万円とか、20万円で毎月生活できるよう、工夫します。

 

私の知人で、40代前半でリタイアした人がいますが、彼は貯蓄額が4000万円くらいしかないのに40代という若さでリタイアしました。

 

彼の計画では、年間の家計支出を150万円程度におさえ、資産の大半を金融投資(株式やETFの長期投資)をすることで、そこから得られる配当で、資産が減らない仕組みをつくっていました。

 

もし50歳でリタイアしたいなら、毎月20万円の支出なら、40年間で9600万円必要になりますが、そのうち年金で6000万補えば、残りの必要な金額は3600万円ほどにまで下がります。

 

つまり、支出が減ると、必要額が劇的に下がっていくということなのです。

セミリタイアを目指すなら事業をすること

40代や30代での退職するとなると、これはもう大橋巨泉さんのような、セミリタイアに近いものです。

 

しかしながら、現実的に30代〜40代で資産が4000万とか5000万円もある人というのは少ないと思いますので、そのくらいの年齢でのリタイアを目指すなら、基本は起業して個人で事業することを考えなければいけません。

 

つまり貯蓄をして、それを取り崩しながら生活する方式ではなく、自分でキャッシュを稼いで、毎月のインカム収入(生活費)を稼ぐということです。

 

私の場合はそれが不動産投資でした

 

残業100時間で激務だったため、コツコツ貯めた現金を元に、数年でリタイアをすることを決意し、実際に1年半で達成しました。

 

さすがに1年半でリタイアはけっこう無理をしましたが、5年くらい掛けるなら現実的だと思っています

 

※詳しい投資法は「5年でサラリーマンを辞める不動産投資法【現実的なステップを解説】」をご覧ください。

 

人生、何事もチャレンジです。何もしなければ時間だけが過ぎ去っていきますよ。

 

やらなかった後悔をするよう、これからどうするかを考えるほうがオススメです。チャレンジする人にこそ、神様は微笑んでくれます。

おまけ:中古マンション投資という選択肢もある

築20年〜30年くらいの中古マンション投資がサラリーマンの間で流行っています。

 

実際、これを東京の都心中心にやっているのが日本信託グループです。

 

日本財託グループは東京23区の一等地だけに絞って、中古マンション探しのお手伝いをしてくれて、購入後の管理もトータルでサポートしています。

 

ちなみに、日本財託グループは中古マンション投資だけで30年の歴史があり、管理戸数も21800戸超ということで、中古マンション業界ではかなり老舗の企業ですね。

 

いまいちな立地で億超えの新築アパートを買うくらいなら、こうした小ロットな1等地の中古マンション(1000万〜2000万円台)を、経営するほうが空室リスクは低いでしょう。

 

私も「初心者向けセミナー」に一度参加したことがあるのですが、首都圏のマンション投資について物件探し・融資付け・管理面の工夫などを詳しく説明してくれました。

 

ご興味のある方は参加されてみると良いと思います。

⇒ 日本信託グループ

 

以下、関連記事です。

 

▼30代でサラリーマンリタイアした私の生活スタイル。けっこう平凡です。

 

▼会社が辛い人は、収入の柱を増やす方法について解説しています。

 

▼老後のためにみなさんどれくらい貯蓄していますか?実際に必要な金額をシミュレーションしてみました。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事