浴室水栓の交換方法

こんにちは。ペリカン(@Pelican0825)です。不動産賃貸業で、日々設備のリフォームをしています。

 

お風呂の水栓の蛇口を閉めても、ポタポタと水漏れするときってありませんか?これは、内部パッキンが劣化していることが原因だったりします。

 

しかし、業者さんにパッキン交換してもらっても絶対に直るとはかぎりません。なぜなら、水栓の内部にあるバルブや細かい部品の劣化により、水漏れしていることもあるからですね。

 

新築した家で、まだ数年しか経っていないような時は修理対応が良いかと思いますが、型が古い水栓だともう部品がないことも多いです。

 

そんな時は、水栓まるごと交換した方が、確実に水漏れを止めることができるでしょう。

 

というわけで、今回はお風呂の混合水栓を2万円台で交換する方法についてご紹介します。

ちょっと待って!DIYでお風呂の水栓を交換するリスクとは?

お風呂の水栓交換は、DIYでも可能ですね。手先の器用さに自信があるという方は、部材をホームセンター等で買ってきて、YouTube等で勉強してやってみるのもありでしょう。

 

カインズホームさんがUPしている動画が分かりやすかったので掲載しておきますね。

 

 

ただし、DIYによる交換はリスクもあるので、個人的にはあまりオススメしません。

 

おもに2つのリスクですね。

 

水栓交換のリスク
  1. 壁の中の給水管を破損してしまうリスク
  2. 取り付け時の締め付けが甘いと、水漏れにつながるリスク

 

特に1つ目の「給水管を破損してしまうリスク」というのが大きいですね。築30年以上経つような古い住宅だと、給水管が老朽化しており、脆くなっているケースがあります。

 

そんなときに、素人が必要以上に強い力で締め付けると、給水管自体を痛めてしまって、壁の中で漏水してしまう危険性があります。

 

けっきょく、プロに頼めば数万円で済んだのに、自分でやってしまったばかりに何十万円も掛かってしまうようだと本末転倒というものです。ですから、ここは潔く、プロの水道屋さんに依頼するのが一番おすすめなのです。

混合水栓を2万円台で交換する方法(壁出しタイプ・デッキタイプ)

お風呂の混合水栓には、主に2タイプあります。

 

  • 壁出しタイプ
  • デッキタイプ

 

それぞれイメージがこちらです。

 

浴室水栓の種類

 

まずは自宅の水栓が、壁出しタイプなのか、台座付きのデッキタイプなのかを確認します。そして、タイプが分かったら以下の2つの手順を踏めば、水栓交換が可能です。

 

  1. 楽天市場で水栓を発注する
  2. くらしのマーケットで作業依頼する

 

ここからは実際に私の管理する物件で、交換した方法をご紹介します。実際に使った商品などもご紹介しますので、参考にしてみてくださいね。

壁出しタイプの混合水栓の交換方法

壁出しタイプの混合水栓(交換前)

 

こちらが壁出しタイプの混合栓の交換前の状態です。2バルブ型の古いものが付いていますね。

 

私が交換用に使ったのがこちら!13000円くらいで、一番安くて、見た目もスタイリッシュだったのが決め手です。

 


SANEI 三栄水栓サーモシャワー混合栓SK18520S9-13

 

手順としては、こちらの水栓本体を楽天市場で買っておき、工事はくらしのマーケット で発注すればOKです。

 

くらしのマーケットとは?
ハウスクリーニングや家事代行、不用品回収、引越しなどの暮らしのサービスをオンラインで予約できるサイト。リフォームなどの工事も可能で、プロの職人さんが自宅まで来てくれて作業してくれます。

 

このサイトには、水栓交換できる全国の水道屋さんが登録されているので、とても便利なサイトですね。

 

私住んでいる関東エリアでは、水栓交換はだいたい8000円〜9000円くらいでやってくれる業者さんが多かったです。以下のように、たくさんある業者さんから選ぶことが出来ます。

 

ホームセンターだと12000円〜15000円くらいかかることもありますので、くらしのマーケット の方が安いですね。

 

くらしのマーケットの相場

 

というわけで、壁出しタイプの場合は、商品(水栓本体)が13,000円ほど、交換費用(くらしのマーケット)が8,000円で、合計で21,000円くらいで交換することができました。

 

交換後はこんな感じ。

ちなみに浴槽も交換したので、別の家のようですが同じお風呂ですよ(笑)

 

水栓交換後の写真(壁出しタイプ)

 

つづいて、デッキタイプについて解説します。

 

デッキタイプの混合水栓の交換方法

デッキタイプの水栓(交換前の写真)

 

こちらが交換前の写真ですね。23年前の新築時に取り付けた、古いタイプのものですね。

 

これを今回はリクシル製のデッキタイプの水栓に交換します。デッキタイプの方がちょっとお高くて、2万円くらいします。使った製品は以下です。

 

 


[BF-WM646TSG(300)] LIXIL 浴室水栓 クロマーレSシリーズ サーモスタット付シャワーバス水栓 デッキタイプ スパウト長さ300mm 一般地 浴槽・洗い場兼用 【送料無料】

 

あとは同じように、くらしのマーケットで業者さんを選んで、作業依頼します。

 

水栓本体が20,000円ほど、交換費用が8,000円なので、合計で28,000円くらいで交換することができました。交換後は、以下のような感じになりました。

 

水栓交換後の写真(デッキタイプ)

 

浴室水栓がピカピカで新しくなると、本当に気持ちよくお風呂に入ることができます。水漏れだけでなく、気分を変えたい人にも、浴室水栓の交換はおすすめです。

 

プロに頼んでても2万円台で交換できますので、ぜひみなさんもチャレンジしてみてくださいね。

 

以下、くらしのマーケット関連の記事です。

 

▼くらしのマーケットの口コミと評判について筆者の体験レビューです。

 

▼くらしのマーケットでエアコンクリーニングを頼んだら悪臭も消えて感動でした。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事