【DIYグッズ】電動ドライバーはリチウムイオン電池式が絶対おすすめ

こんにちは。ペリカン(@Pelican0825)です。不動産賃貸業をしながら生活しています。

 

DIYに必須のドライバーですが、手で回すタイプだと大変時間が掛かりますよね。

 

私もDIY用に電動ドライバーを使っていたのですが、最初に購入したのがこれ!ホームセンターで買いました。

 

 

はじめて電動ドライバーを使ったときは感動しました。こんなにも簡単にネジ止めできるなんて素晴らしすぎです。

 

価格も3,000円弱でリーズナブルでした。

 

しかし、結論からいうとこの手の安い電動ドライバーはおすすめしません。なぜなら、回転が弱いので固いネジを緩めるとすぐ本体がダメになります。

 

私も、3年間で2回も壊れました。。。

 

ということで、今回はおすすめの電動ドライバーをご紹介します。本格的にリフォーム・日曜大工をしようと思っている人は、参考にしてくださいね。

まずはインパクトドライバーとドリルドライバーの違いを理解しよう

電動ドライバーには、インパクトドライバードリルドライバーの2種類あることをご存知でしょうか?

 

普通は知らない人がほとんどだと思います。

 

まずインパクトドライバーとは、回転+打撃(インパクト)の両方がある工具です。回転方向への打撃もあるので、強烈にネジを締め付ける力を持っています。

 

以下のように先端を引っ張ってビットを差し込むタイプですね。

 

インパクトドライバーの例

 

しかし、インパクトドライバーは衝撃が非常に大きいので、初心者には扱いづらいと思います。

 

ですから電動ドライバー初心者には、「ドリルドライバー」がおすすめです。家具の組み立てとか、DIYには打って付けと言えますね。

 

ドリルドライバーはこんな風に、先端を回してビットを差し込むタイプになっています。

 

ドリルドライバーの例

 

「穴あけ」もドリルドライバーのほうが繊細にできるので、こちらの方が扱いやすいですね。

買うなら充電式が圧倒的におすすめ!

充電式電動ドライバー

 

コンセント式の電動ドライバーだと、当たり前ですが近くにコンセントがないと使えません。

 

これは掃除機と一緒で、コードレスで屋内外問わず使用する場合には、充電式の方が良いでしょう。デメリットとしては、充電池というのは半永久で使えるわけではないということですね。

 

ただし、一つの充電池で通常は500〜600回ほど充電できるので、月に4回満タン充電するような高頻度使用の人でも、10年以上使えますので、あまり気にしないで良いかなと思います。

おすすめのドリルドライバーとその理由

結局、私が購入したのは「リョービ充電式ドライバドリルBD-1110L1」です。

 

これを最終的に選んだ理由は以下の3つですね。

  1. 充電池がリチウムイオン電池であること
  2. 穴あけ能力が木工20mm可能であること
  3. その他の基本機能が充実していること

 

以下、簡単に解説しますね。

 

1.充電池がリチウムイオン電池であること

充電池には、リチウムイオンバッテリーとニカドバッテリーの2つあります。

 

充電式電動ドライバーで5000〜6000円くらいの安い機種だと、ニカドバッテリーが使われていることが多いです。

 

しかしニカドバッテリーは放電しやすいそうです(メーカー談)。

 

また充電可能回数もリチウムイオンより劣るので、長く使うならリチウムイオンバッテリーのほうが絶対におすすめです。

2.穴あけ能力が木工20mm可能であること

私の場合は、賃貸業をやっておりDIYで洗面台を取り付けすることがあります。

 

 

その際、排水口の穴あけや、給水栓の穴あけをしますので、穴あけ能力が高いものである必要があります(私が3000円位の安いドライバーを2度もダメにしたのはこれが原因です)

 

こういう穴あけ作業です↓

洗面台の穴あけ

 

そこで、ホームセンターのスタッフさんに相談したら、「穴あけするなら木工20mm以上可能の表記があるドライバーの方が良いですよ!」と言われました。

 

リョービのこのモデルだと、木工20mmなので、こうした穴あけができるのが最大の決め手になりました。

3.その他の基本機能が充実していること

このリョービのBD-1110L1モデルは、2段スピード変速機能、トルクが選べる17段クラッチ、なども付いており基本機能も充実しています。

 

もちろん暗闇でも照らしてくれる、LEDライトもちゃんと付いています。

LEDライト付き

 

リョービという日本の一流メーカー製で、必要な機能がしっかりと付いていながら、価格も1万円程度というのが嬉しいですね。この価格で10年くらい使えるなら十分です。

 

 

 

私も、最初は手動ドライバーからスタートし、次に3000円の安価な電動ドライバーで痛い思いをしました。そして、最後に行き着いたのが、このリョービの電動ドライバーです。

 

大きすぎず持ちやすい本体

 

大きすぎず持ちやすくて使い勝手の良いサイズ感です。

 

今のところ使い心地も絶好調で、DIYがとても捗っています。電動ドライバーを検討している人には、かなりオススメできるモデルですね。

 

以下、関連記事です。

 

▼給湯器を安く交換する方法です。都市ガス・プロパンガスそれぞれの方法を解説しています。

 

▼お庭の除草は専門業者ではなく、シルバー人材センターに依頼するのが一番安く済みます。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事