浴室塗装のビフォア・アフター

こんにちは。ペリカン(@Pelican0825)です。千葉で不動産賃貸業をしています。

 

先日、築32年の古い戸建てを購入しました。

 

お風呂は建築当初のままで、かなり古めかしい在来工法のタイル張りです。いたるところに傷やヒビもありましたね。

 

写真は以下のイメージ。

 

在来の浴室

 

いっそのこと新品のユニットバスにリフォームしようかなとも考えましたが、費用的には安くても60万〜70万程度はかかります。

 

浴室を拡張して、お風呂サイズを変更する場合は、100万円以上になることも覚悟しなければいけません。

 

そこで、いろいろネットで調べていたら「浴室塗装」なる工法があるようです。

 

これだ!と思って、すぐ早速お見積りを取ったのですが、一般的なユニットバスの入れ替えと比べて、だいたい50%〜80%ほど安くなり、圧倒的に低価格でリフォームすることができます。

 

というわけで、今回は「浴室塗装するのに掛かった費用・工期・耐久年数」などを解説していきたいと思います。

 

お風呂のリフォームで悩んでいる方の、参考になりましたら幸いです。

浴室塗装にかかった費用・工期・耐久年数はどうだったか?

浴室塗装する前の浴槽がこちらです。

 

浴槽

 

緑色の浴槽って最近だとあまりないですよね。しかも、タイルが割れていて、このまま使うには危ない印象です。

 

ヒビ

 

というわけで、いつものタウンライフリフォームで浴室塗装ができる業者さんを探しました。その結果、物件のあるエリアで1社該当したので、そちらにお見積りを依頼しました。

 

浴室塗装にかかった費用とは?

リフォームに掛かった費用は以下のとおりです。

 

 

まずタイルの割れ補修にかかる費用が、5000円ほど。これでヒビ割れをパテで補修して、その上から吹き付け塗装でペンキを塗っていくそうです。

 

塗装費用ですが、浴室全体で13万円かかりました。浴槽・壁タイル・天井のすべてを塗ってもらえます。

 

最後に「床はどうするのかな?」と思ったら、こちらはバスナフローレという東リが出している商品で、シート施工していただくことになりました。

 

床はペンキを塗らない、ということですね。

 

すべての費用を合計すると、18万円(税込19万8千円)になりました。ユニットバス交換するのに比べたら、確かに80%オフくらいになっていると言えますね。

 

塗装後はこんな感じです。

 

浴室塗装のアフター写真

 

なお塗装カラーですが、色見本帳で、事前に選ぶことができました。

 

私は、ペンキをベージュ系にしたので、それに合わせて床もアイボリー色のバスナフローレを選びました。

 

以下の商品ですね。ネットで買ってDIYでやる人もいるようです。

 


バスナフローレ お風呂 クッションフロア 床 リフォーム 東リ 浴室用床シート 3.5mm厚 182cm幅 浴室 床材 (BNF1101(アイボリー))

 

バスナフローレの質感はこんな感じです。エンボス加工になっており、凹凸があります。

 

バスナフローレ

 

このシートは塩ビ製なので、冬でも床がひんやりしないのがメリットだそうです。お年寄りのいるご家庭などには良さそうですよね。

 

浴槽も、見違えるようにキレイになりました!表面もツルツルで、防汚・防カビ効果があります。

 

浴槽

 

ついでに水栓も交換してもらいました。

 

水栓

 

水栓は、私の方で購入して、職人さんに取り付けだけして頂きました。品番は、三栄水栓のサーモシャワー混合栓SK18520S9-13です。アマゾンで購入することができますよ。

 


SANEI 浴室用 サーモシャワー混合栓 ホース長さ1.6m オールメッキ SK18520S9-13

 

浴室塗装の工期(所要日数)とは?

工事期間ですが、3日間でした。塗装だと、めちゃめちゃ早いですよね。マンションだと、2日間ほどで終わるそうです。

 

これが在来工法のお風呂を、ユニットバスへリフォームするとなると、1週間〜10日ほど見ておく必要があります。

 

とうぜんその間お風呂に入ることができません。

 

リフォーム期間も、従来の1/2〜1/3くらいにすることができるのは、大きなメリットだと思います。

浴室塗装の耐久年数はどのくらい?

気になる浴室塗装の耐久年数ですが、2年間の保証をつけていただきました。

 

ただ、実際の耐久性は、標準的な使用だと、塗膜は10年くらい耐久性があるようです。

 

したがって、浴室を塗装した場合は、使用方法にもよりますが10年ごとに最低でも塗り替えなければいけません。

浴室塗装のメリット・デメリットを理解しておこう!

お風呂の塗装

 

浴室塗装のメリット・デメリットをまとめると、以下のとおりですね。

 

浴室塗装のメリット
  • とにかく低コストでリフォームできる(20万円前後)
  • 工期も2〜3日ほどで短納期
  • 浴室塗装後は、汚れがつきにくく、防カビ効果もある
  • お風呂の色・雰囲気を変えることができる
浴室塗装のデメリット
  • 保温効果や最新設備などが付いているわけではない
  • 長くとも10年以内には再塗装が必要になる
  • 塗装できる専門業者が限られている

 

以上のようなメリデメあるので、よく検討してから着手するようにしたいですね。

あとがき

お金をかけてもっと機能を最新のものにしたいとか、新品のお風呂じゃないとイヤだ!という人は、ユニット入れ替えを検討するほうがいいかもしれません。

 

しかし、私の物件の場合は、10年程度で更地にして家を建て替えることも考えていたので、新品のユニットバスに入れ替えするのは勿体ないなあと考えて、今回は「浴室塗装」を選択しました。

 

結果的には、塗装でも十分に清潔感を出すことができたので、満足しています。

 

以下、関連記事です。

 

▼砂壁をペンキで塗るDIYのご紹介です。低コストかつ簡単です。

 

▼戸建ての外壁塗装業者を選ぶときのポイントを解説しています。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事