ページ コンテンツ

あすなろLIFE

不動産投資、お金の話、WEB・IT、雑記など多方面にブログを書いています

住宅ローンのメリットと代償。持ち家か賃貸か?

👍人気記事セレクション

f:id:Pelican:20170609180652j:plain

住宅ローンのメリットと代償

結論から言うと、住居コストが下がる場合に有効だと考えています。15万円かかっていた家賃が10万円で済むというように、同じメリットを得るために支払うコストが以前より安くなれば、住宅ローンは有効です。

 

しかし、生活の質が上がるから高額な住宅ローンでもがんばって返済しよう、というのは本末転倒になります。

 

最悪なのは、高額のローンを組みながら職場の配置転換や異動などにより、住み替えが必要になってしまった時です。転居後も、ローン返済は続きますから、二重に支払いが発生します。すると家計的に耐えられなくなりますから、家を売って精算するか賃貸に出してローン返済に充てるかのどちらかになります。

 

異動や転居リスクがあるなら最初から賃貸にしておけば良かった、ということになります。

持ち家か賃貸か

この議論に普遍的な答えを期待することはできません。ある人には賃貸が適していても、またある人には持ち家が適している、ということがあります。

 

賃貸の家賃には、大家の利益や修繕コストが乗っているから、持ち家の方がトクに決まっている

 

、、、という論調を以前どこかで見たことがありますが、それは仕事やライフステージという大きな概念が抜け落ちています。たしかに、数字での損得なら持ち家の方が得になる、という視点は一理あります。いろいろなコストや利害が乗っていないのは事実だからです。

 

ですが、同じ場所に暮らし続ける保証はありません。そうすると住宅ローンが不利になります。一方で、住宅ローンを組んだとしても買った値段でいつでも売れる家ならば、転居はまったくリスクにもなりません。

 

だから、ある一側面からの数字上での比較はあまり意味を成さない、というのが筆者の結論です。Aさんは今は賃貸が良いけど、Bさんは持ち家の方が断然トクだ、ということが起こりうるのです。

 

その人の状況、住んでいる場所、資産背景、仕事内容、家族構成、その他の条件によってベストな手段が変わってくるものです。

f:id:Pelican:20170609180731j:plain

理想的な住居とは

新築ではなく中古住宅を選ぶという選択肢もあります。優良な中古物件を購入して、リフォームすれば見違えるように綺麗になります。またコストにおいては圧倒的に有利なのは事実です。

 

中古住宅が優れている点は、ローン返済負担が小さいことと、たとえ転居が必要になっても手離れの良さがあります。

  • 持っても良し(ローン返済が楽)
  • 売っても良し(いつでも残債が消える)

という家があれば、最も理想ではないでしょうか。転居や引っ越しのリスクがデメリットにならない住宅ローンがあるなら、それが一番強いはずです。

まとめ

「住居コスト」というのは家計に占める割合が大きいので、住居選択により大きく家計の収支が変わってきます。また「生活の質」というのもどこまで追い求めていくかによって、人により最適解が変わっていきます。

 

一つ言えることは、「高すぎる賃貸(家賃)」または「高額な月々の住宅ローン返済」はどちらも最適解になりえることはありえません。お金持ちでもない限り、居住コストが高ければ家計の圧迫に100%つながります。

 

したがって居住コストをできるだけ下げていく中で、如何に生活の質だけは上げられるか、が家選びの基準にすべきです。高いコストで良い生活は当たり前ですし、低いコストで不満足な居住空間では寂しいものがあります。

 

www.asunarolife.net

www.asunarolife.net