ページ コンテンツ

あすなろLIFE

不動産投資家がお金の話、WEB・IT、書評、雑記など多方面に書いていきます

チャレンジして失敗した人を笑う日本の文化はなんとかならない?

👍人気記事セレクション

f:id:Pelican:20161021161207j:plain

 

私は日本という国土自体や安全などの環境面では恵まれた国だと思いますし、その点は大好きですが、一方で日本人の考え方で明らかに短所だと思うこととしてチャレンジ精神があまりないことだと考えています。今日は日本のよくある考え方について3つの特徴と、ではどうすればより良い考え方になるのかについて、書いてみたいと思います。

 

1.チャレンジする人を心から応援しない文化

みなさんの中にもこんなことはありませんか?挑戦する人のことを口では頑張って!と言いながら、心のなかでは「どうせ失敗するんじゃないの?」と、曲がった気持ちで見てしまうことが。

メディアで先日、ピースの綾部さんが渡米することに対して批判が殺到しましたが、相方の又吉さんや芸人仲間がフォローするという面白い展開になりましたね。でも綾部さんは、ここ数年は貯金をしまくっていたみたいでそれで当分は食いつなげるらしいです。彼なりに狙いがあって渡米するのだから周りの人はもっと応援してあげればいいのに、と私は思います。日本はチャレンジする人をあまり応援しませんね。

2.失敗した人に寛容ではない

チャレンジやアクションを起こした結果、失敗した人がいたら、日本ではみんなから袋叩きにされます。人工透析の件で話題になった元キャスターの方は、社会的な提言として彼なりの意見をブログで発信した結果、炎上して最後は職まで失ってしまいました。もちろん彼のコトバは不適切だったのは間違いありません。そして議論を生むために過激な発言をあえてしたということですが、賢い方法ではありません。

しかし彼に対しては批判がほとんどです。提言した内容に対して、彼の真意を社会はくみ取ろうとしません。そして職もすべて取り上げるのはもちろん、家族に嫌がらせまでしたりちょっと度を超えているかなと。人はみんな完璧ではないのだから、狙いがあってトライしたけど失敗した人や、ミスを犯した人に、社会はもう少し寛容であればいいのに、と私は思います。

3.成功した人には近づきたがる

私もフリーランスになって独立して事業をやっていると、見かけは成功した人のように見えるのでしょうか?フェイスブックで友人が急増しました。もう何年も会ってなかった知り合いや前職の人から急に連絡が来たりするようにもなりました。失敗した人には猛烈批判したりあざ笑ったりするのに、成功している(ように見える)人には近づきたがるというのは面白い現象です。急に見下したり、急にもてはやしたりせず、もう少しニュートラルになればいいのにと思ってしまいます。

f:id:Pelican:20161021161230j:plain

最後に

日本で一番評価されるのはとにかく堅実な人です。親戚から一番評判が良いのは、有名大学を出て、大企業に就職するか公務員になり、自費で結婚資金を出し、新築で庭付きのマイホームを建てるような人ですかね。まあこれは一例ですが、つまりアメリカン・ドリームみたいな考えは日本ではあまり受け入れられず、結果としてみんな臆病になり、挑戦する人はすごく少数派になってしまうのです。

スポーツでも、サッカーの代表戦で果敢なプレーをするチャレンジングな日本人選手は少ないですし、企業の中では実力のある人より”安定感のある人”(リスクが少ない人)が一番出世します。シリコンバレーのようなものはいつまで経っても日本には誕生しませんね。

これはもちろん後先考えず挑戦するのが良いと言っているのではなく、もっとチャレンジ精神を養う教育にも力を入れたり、これから挑戦する人を応援できれば、この国はもっと変わるだろうに、もったいないなぁと思う面があります。みなさんも周りにチャンレジする人がいたらぜひ応援してあげてくださいね!そして失敗しても寛容にねw

【追記:2016.11.28】

ブコメで意見を頂いてありがたい限りです。そしてこの記事で、たしかに私の引用例は悪かったかもしれませんが、それとこの記事のメインの主張とは別の話しですね。この記事へのブコメに批判が多いのは、それが日本人の縮図のような気がしてなりません。

チャレンジに落ち度があれば批判し、成功者を嫉妬して、自分の人生を生きていない”評論家”の人が多いということです。まあ自らがチャレンジしていない人は、人の批判や邪魔をすることしかできないのでしょうが、そういう人が成功することなど絶対にありえないでしょう。人生は短いのです。人の批判をしている間に人生は終わってしまいます。私は、常にチャレンジする側でありたいと思います。