ページ コンテンツ

あすなろLIFE

不動産投資、お金・資産形成などをテーマにブログを書いています

不動産投資のさまざまな投資法

先月、新潟で不動産投資のセミナー講師として登壇させて頂きました。 情報を提供する立場ではありましたが、私自身セミナー講師は初めての経験でもありましたので、個人的に得るものが多かったように感じています。セミナー中は、参加者の皆さんから数多くの…

良い借金、悪い借金とは何なのか?【住宅ローン・不動産投資】

日本では借金=悪だと考える人が多いかもしれません。私など、金融機関からお金を借りて不動産投資をしていることもあり、まわりの人から 「そんなに借金して大丈夫ですか?」 「多額の借金をして怖くないですか?」 などと聞かれるケースが多々あります。 …

不動産投資のリアル!2017年10月の家賃収入と活動報告

10月の不動産投資の収支です。恒例の1円単位の報告です。 早速、家賃収入のリアルな金額を報告します。 10月の家賃収入 今月の家賃収入と各物件の入居率は、以下のようになりました。 【長野アパート:132,000円】満室 収入132,000、管理費7,128円 【群馬ア…

50代からの不動産投資では遅いのか?

最終完済年齢と、借入時の上限年齢がポイント ローン商品には「最終完済年齢」というものがあります。たとえば、マイホームの住宅ローンは、 最終完済年齢が80歳になっているものが多いようです。これは平均寿命(男性81歳、女性87歳)が考慮されているのか…

世帯年収の平均はどれくらい?【子育て世代・共働き】

※本結果は、平成28年度の厚生労働省「国民生活基礎調査」より抜粋しています まずは「全世帯」の平均年収 平均年収 545万円 「全世帯」というのは、単身、夫婦、高齢者世帯、母子世帯などすべてのカテゴリーを平均した年収です。 ちなみに、中央値は428万円…

夫婦で投資をするメリット

夫婦でお金の悩みを共有する 昨年の調査ですが、スパークス・アセット・マネジメントの調査(「夫婦のマネー事情と夫婦円満投資に関する調査 2016」)の結果が興味深かったので、ここに紹介します。 本調査は、投資が夫婦生活にもたらす影響を中心に調査をし…

地方の築古戸建ての出口戦略

私がいつも読んで勉強させていただいている「たぱぞうさん(たぱぞうの米国株投資)」から「地方、中古戸建ての出口戦略というのはどのようになるのか教えていただきたく思います」とブコメを頂きました。リクエストありがとうございます。 私の不動産投資の…

老後資金のために不動産投資するという選択肢

差し迫る老後の不安 老後破産とか老後不安、などと言われて久しくなりました。なぜ、これほどまで老後のリスクについて触れられるようになったのでしょうか。歴史を振り返ってみたいと思います。 昔は、終身雇用で定年まで勤め上げ、定年になったら多額の退…

不動産投資における管理会社選びのポイント

不動産投資において「どのような物件を購入するのか」というのと同じくらい重要な事が「良い管理会社を見つけること」だと私は考えています。 なぜならば、入居付けの力が弱いことで空室率が高くなっていくようでは賃貸経営が成り立たないからです。利回り20…

サラリーマンと不動産投資の両立

カフェ相談をしている時に、まだ収益物件を1棟も持っていない方からよく聞かれることがあります。それは「サラリーマンやりながら不動産投資って大変ですか?」というものです。 本業のサラリーマンを全うしながら、副業で不動産投資をやるのですから、今よ…

賃貸における人気の設備(2017年調査結果)

賃貸経営は当然ながら、入居者がいなければ満室時の利回りを達成することはできません。したがって、入居者が求めているものをデータから掴んだ上で、リフォームや設備投資をすることで効率的に稼働率を上げていくことができます。 リクルートすまいカンパニ…

【不動産投資】空室を埋めるために私がやっている7つのステップ

不動産投資で一番のポイントは「空室対策」だと考えています。今日は、私なりの空室対策のステップを書いてみたいと思います。 初めて不動産投資をする方は満室経営できるのか?というのが一番の不安だと思います。また空室対策に苦戦している大家さんもいら…

不動産投資のリアル!2017年9月の家賃収入と活動報告

9月の不動産投資の収支です。恒例の1円単位の報告です。 群馬アパートが8、9月と続けて退去があり、空室が2部屋になっています。群馬アパートが初の退去ですが、現在鋭意リフォーム中です。私も現地に行ってルームクリーニングしたり、職人さんと打ち合わせ…

不動産投資が不労所得ではない理由

不労所得とは 年金不安や相続制対策など、将来リスクについての声が高まっています。その結果、若い現役世代のうちに、将来のリスクに備えた準備をしておこうという人が増えるのも頷けます。 サラリーマンは60歳からせいぜい65歳で定年になります。平均寿命…

新築アパート投資は「家賃下落」が最大リスク

新築アパート投資が盛んな時代 不動産業界には、新築アパート投資を専門にやっている業者がけっこうあります。 理由として、第一に相続税対策になる側面があります。積算評価が低くなる新築であれば、相続の際に課税額を減ることができます。資産家向けに新…

不動産投資における住宅ローンの影響と対策

住宅ローンが先か不動産投資が先か? 巷では「住宅ローンを組んでしまうと不動産投資をするときに融資が組めなくなる」と言われることがあります。また逆に「不動産投資を始めると、住宅ローンが組めなくなってしまった」という意見も昔から聞きます。 どち…

公庫を活用した不動産投資と新設法人への融資

公庫の融資姿勢 日本政策金融公庫(以下、公庫と呼ぶ)は、100%日本政府が全額出資する金融機関です。名だたるメガ大家さんたちも、不動産投資をスタートしたばかりの頃は、この公庫を活用した方も多いです。我が家でも、私名義と妻名義で融資をしてもらっ…

不動産投資ブログを1年続けた結果

不動産投資ブログを1年続けた結果 2016年9月に本ブログ「あすなろLIFE」はスタートしました。今月でちょうど1周年記念です。毎月10〜15記事くらいのマイペースで更新しています。まずは1年続けられたことが嬉しいです。 私は2016年夏にサラリーマンを辞め、…

不動産投資の初心者には危険な物件の7つの特徴

不動産投資で、楽待・健美家・アットホームなどの主要ポータルサイトで長期間ずっと掲載されている物件があります。いわゆる「売れ残り物件」です。 それでもずっと売れなければ、だんだん価格が下がっていき、最後は購入者が現れるものです。収益物件なので…

サラリーマン大家はインカムゲインを軸に投資しよう!

サラリーマン属性を活かす 昔は終身雇用で定年まで働いて、退職金と老後の年金で暮らしていける時代がありました。しかしながら年金額が減ったり、支給開始が65歳、70歳と後ろ倒しになる可能性が叫ばれ始めています。 そのような時代になると、現在働いてい…

サラリーマンがマンション投資をする理由と3つのリスク

マンション投資のセールス 区分マンション投資とは、マンションの1部屋のみを所有する不動産投資の形態です。 マンション投資のセールスと言えば、電話営業がメインです。私も勤めていた時に、会社のデスクへ急に外線でセールスの電話が来た経験があります。…

不動産投資がサラリーマンの副業に適している3つの理由

本業の合間に取り組める 私も副業として、株やヤフオク転売など経験したことがありますが、なかなか身になりませんでした。私にその分野での才能が無かったということが大きいと思います。中でも株式投資は数年取り組みましたが、小資本だと利益が薄くなるよ…

給料の手取りってどれくらい?税金でここまで引かれる!

給料の手取りってどれくらい? 給料から各種税金を差し引くと、以下のような結果になります。赤字の金額が実質手取り(給与の支払い口座に送金される金額)になります。 給料10万円 → 手取り 85,508円 給料15万円 → 手取り122,234円 給料20万円 → 手取り160,…

不動産投資のリアル!2017年8月の家賃収入と活動報告

8月の不動産投資の収支報告です。恒例の1円単位の報告です。 「満室」になったと思ったら群馬アパートで1室退去になりました。戸数が増えてくると、常時満室というのは難しくなります。しかし賃貸業は、満室を如何に長くキープできるかが鍵です。引き続き、…

脱サラ起業における3つの大きなリスクとは?

私も脱サラ起業して、この8月で1年が経ちました。私は30代で思い切って、脱サラしてしまいましたが、この1年間、脱サラして厳しかったこともありますが、勉強になったことも多々あります。 通常、1年というのはあっと言う間ですが、私にとってはかなり濃く長…

不動産投資で初めて1棟目を買うときの注意点

購入目的を決める 不動産投資をする目的は十人十色です。資産性を目的にする人がいれば、キャッシュフローが目的の人。はたまた節税対策をメインの目的にする人など、さまざまです。 融資を前提として購入するとなると、普通のサラリーマンであれば属性(主…

不動産投資をするなら地方と都市部どちらがいいか?

地方物件か都心物件か? 不動産投資において投資エリアを、地方でやるのか、都市部でやるのか、という問題は昔からあります。 地方でボロ物件を再生して成功されている投資家もいますし、都市部で新築アパートを買い進めて成功されている大家さんもいらっし…

【不動産投資】三井住友トラストL&Fのアパートローン活用方法

三井住友トラストL&Fの融資基準 三井住友信託銀行のグループ会社で、俗に”ノンバンク”と言われる金融機関です。ノンバンクは預金業務を行わず、主にアパートやマンションなど賃貸用不動産に対する購入・建築・増改築資金および、その借換資金を融資するため…

【ブログ運営報告】2017年7月のPV・収益まとめ

ブログを開始してから、10ヶ月目になりました。 簡単ですが今月も運営報告をさせていただきます。

アパート経営で「インターネット無料」の導入コストと効果とは?

入居者に人気の設備ランキング 全国賃貸住宅新聞の2016年調査(全国238社の仲介・管理会社が回答)における入居者に人気の設備ランキングは、賃貸経営をしている人にとっては興味深いものがあります。 まずはざっとランキングを見てみます。 ◆単身物件 エン…