年収300万,400万,500万の手取り【税金地獄から脱出する方法は3つ】

こんにちは。ペリカン(@Pelican0825)です。

 

毎月の給与から「なにかが引かれている」と薄々感じながら、私たちはその正体が何なのか十分に理解できていません。

 

日本人の給与は、年収300万〜500万円の人が、全体の半分ほどを占めています。

 

しかし、所得税、住民税、社会保険料などの税金がいくら引かれているのか?正確に回答できる人はどれだけいるでしょうか。

 

今回は、年収300〜500万円の人の税金と手取り、税金地獄から脱出する方法について書いてみたいと思います。

年収300万,400万,500万の手取りが思ったより悲惨

 

年収300万〜500万の人の税金と手取り額は、以下のようになっています。

 

年収と税金と手取り額の関係
【年収300万円】税金64万円 手取り236万円
【年収400万円】税金81万円 手取り319万円
【年収500万円】税金119万円 手取り381万円

 

年収が上がるほど累進課税がキツくなります。だいたい給与の約20%が最低でも税金にもっていかれますね。

 

なお、この税負担が年々増えているのを、私たちはあまり認識できていません。

 

たとえば年収700万円の人の手取り額は、2002年ごろは587万円ほどありました。現在の手取りは506万円程度まで減っています。

 

なんとマイナス81万円です。

 

こういった背景から、節税系の制度に注目が集まっています。iDeCoやふるさと納税はその代表ですね。

iDeCoやふるさと納税で「節税」はあまり報われない話

みんなiDeCoやふるさと納税などに躍起になっていますが、「節税」をどんなにがんばっても、あまり報われません。

 

残念ながら、これは事実です。

 

なぜなら今後の日本は、節税しても税金や社会保険料がどんどん重くなっていくからです。今年は消費税が8%→10%に増税されますね。

 

つまり節税だけでは焼け石に水になる時代が、すぐそこまで来ています。

 

多くの人がiDeCoやふるさと納税をすると、自分が賢い投資家になったような気持ちで錯覚してしまいます。

 

たとえば30歳・500万円の年収の人が、iDeCoに毎月68000円を30年間積み立てると、489万6000円ほどの節税効果があるらしいです。※計算は、iDecoナビ(https://www.dcnenkin.jp/tax/)にて行いました

 

もちろん、489万円という数字はけっして小さい金額ではありません。でも、これは30年間での節税効果ですから、毎月13,500円くらいですね。

 

毎月13,500円なら正社員なら残業10時間とかそれくらいです。月に1〜2万円なら副業で稼ぐのも無理ではありません。

 

毎月7万円もお金を投入するのなら、もっと稼げる方法はたくさんあります。しかし、多くの人は稼ぐより、節税をするほうが気楽なので、そちらを選んでいるだけです。

 

冷静に考えてみれば、iDeCoやふるさと納税は、儲けた中から一定額を支払う性質のものですので、当たり前すぎますが「総収入」が増えるわけではありません。

 

”手残りを少しでも多くしましょう”というのが節税の基本です。でも節税した以上に、税金が上がってしまうこれからの日本では、この手法はすでに限界が来ているような気がします。

税金地獄から脱出する方法は3つだけ

 

結論から言うと、この税金地獄から脱出する方法は以下の3つです。

 

税金地獄が脱出する3つの方法
  1. 会社をつくって事業を行う
  2. 株式配当などペーパーアセットに投資する
  3. 不動産などハードアセットに投資する

 

それぞれ簡単に解説します。

 

1.会社をつくって事業を行う

日本では個人より法人の方が、税率が安いです。

 

これはサラリーマンの人には感覚がないかもしませんが、個人の累進課税はめちゃめちゃキツイです。

 

だいたい所得1000万の人は295万(約30%)、2000万の人は710万(約35%)、5000万の人は2100万(約42%)が、税金として取られます。

 

一方、法人税は年間所得800万円以下の部分は19%、800万円を超えた部分には23.2%しか取られません。

 

また法人は経費にできる範囲も広くなるので、住居・車両・通信費・交際費など、経費として落としやすいです。

 

若くてエネルギーがあり、事業アイデアがある人は、ぜひリスクの取れるうちに会社をつくって事業にチャレンジするのも良いですね。

 

一方、そこまでやるのはちょっとという人は、次の2、3のように投資をするのが一番おすすめです。

2.株式配当などペーパーアセットに投資する

リーマンショック後に7,000円台だった日経平均株価は、現在20,000円台まで上がっています。

 

(出典:Yahoo!ファイナンスより)

 

最大の要因は、2013年〜2017年にかけてのアベノミクスですよね。

 

その間、株式投資をしていた人はみんな利益が出ています。

 

もちろん短期売買していた人は別かもしれませんが、ある程度、数年スパンで株式をホールドしていた人はほとんど儲かっているはずです。

 

この頃からインデックス投資というキーワードが流行りはじめました。

 

以前、弊ブログでも「インデックス投資の利回りは2%弱!?【平均リターン10%の意味】」でインデックス投資について書きましたね。

 

ただし、これからの日本株はあまり明るくないでしょう。経済がほぼ天井を迎えているからです。

 

買うとしたらJT(日本たばこ産業)など、高配当かつ長期安定しそうな銘柄なら期待が持てますね。

 

個人的には米国株が一番良いと思っています。

 

理由は人口がこれからも増えていくことと、アメリカはやっぱり資源もあり起業も盛んなので、経済的に盤石だからです。

 

なお株式投資は、ペーパーアセットで換金性が高い反面、景気が悪くなると含み損を抱えます。したがって、最低でも10年〜20年スパンで腰を据えて投資をすることが肝要ですね。

3.不動産などハードアセットに投資する

かくいう私は、不動産投資家です。

 

アパート3棟・戸建て6棟のこじんまり経営ですが、サラリーマンは卒業して、一応専業でやっています。

 

私が不動産を選好している理由は、次の3つですね。

  • 毎月安定して家賃収入が入る
  • 銀行融資で買えるので、規模拡大が早い
  • インフレにも強い

 

不動産は基本的に景気に左右されにくいので、リーマンショックの悪夢が再来してもヘッチャラかなと思っています。

 

そして融資レバレッジが効くので、資産拡大が早いです。これは他の投資にはない最大のメリットだと思っています。

 

昨年は家賃収入が月100万円に達しましたが、ここまで4年くらいで到達できました。

 

 

 

不動産投資は、経験がものを言う世界なので、やればやっただけ知識がつきどんどん楽になっていきます。

 

私は5年前に賃貸業をスタートしましたが自分で言うのもなんですが、当時と今では知識量が雲泥の差です。

 

もちろん、日々勉強なので、今後もますます知識と経験を磨きつつ、精進したいと思います。

まとめ:大切なのは節税ではなく収入UPです

 

話をまとめると、大切なのは、節税ではなくまずは収入UPを狙うことかなと思います。

 

これからの日本でお金に困らないために
・節税は必要だが「節税だけ」では人生は楽にならない
・収入UPをするために、配当か不動産に積極投資しよう

 

最後にストレートに書いてしまいますが、節税は収入が増えてから考えればOKです。

 

収入が増えすぎて困ったら節税を考えれば良いだけで、少ない収入で「最初に節税から考える」のは、この資本主義社会の日本では懸命ではありません。

 

もちろん、収入UPしつつ、節税を図れば最強ですね。でも、まずは収入UPが最優先です。

 

今回はちょっと辛口だったかもしれませんが、すべて本音であり、真実に近いと思います。

 

私は、引き続き不動産で家賃収入をコツコツ積み上げつつ、毎月生活費を15万円以内に抑えて、資産形成を推し進めていきます。

 

以下、関連記事です。

 

▼不動産で大きな借金が怖い人は、戸建て投資が良いでしょう。地方の戸建てなら数百万円から投資可能です。

 

▼サラリーマンを卒業した私の生活リズムです。意外に地味ですがが、気楽なので良いところです。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事