ページ コンテンツ

あすなろLIFE

不動産投資、お金・資産形成などをテーマにブログを書いています

不動産投資がサラリーマンの副業に適している3つの理由

👍ピックアップ記事

本業の合間に取り組める

私も副業として、株やヤフオク転売など経験したことがありますが、なかなか身になりませんでした。私にその分野での才能が無かったということが大きいと思います。中でも株式投資は数年取り組みましたが、100万円近い損は出していると思います。

 

アベノミクスが始まる前から、スイング投資していた人ならば値上がり益が出ている人も多いかもしれませんが、それは時代を見方につけた影響が大きいでしょう。

 

かと言って、デイトレードや信用取引で成果を狙って出すのは至難の業です。

 

株式投資で勝算がある手法とすれば、一過性の相場急落時に買ってあとは半年〜1年くらい放置する手法は一定の勝算があると思っています。しかしながら、ここでも資本力の多寡が、結果に大きく影響してきます。

 

株式投資において、小資本でありながら、大きくかつ安定的に勝ち続けることはハードルが物凄く高くなります。大きな資金量があるなら、配当で稼ぐというのは手堅い投資法だと思っており、憧れの投資法です。

 

f:id:Pelican:20180715165330j:plain

不動産投資がサラリーマンの副業に適している3つの理由

話が逸れたので不動産投資のテーマに移ります。

 

不動産投資の場合は、物件の内見や契約、購入後のリフォームなどは現地に足を運ばなくてはいけません。しかしひとたび物件が安定稼働しはじめると、やることと言ったら家賃の入金確認くらいです。

 

通常は、管理会社がありますから、修繕が発生しても管理会社が対応してくれます。

 

また私のような、地方の不動産投資をしていると、不動産バブルの影響も軽微です。多少の価格の上げ下げがあっても10%〜20%くらいではないでしょうか(これは感覚的なものですが)。

 

不動産バブルと言っても、土地値が上がっているのは都市部や東京湾岸周辺が中心です。

 

地方の不動産ならば、少なくとも、相場が急変して買った値段の半額でしか売れないなどどいうケースは稀です。変動が少ない市場において、しっかりインカムを稼げる不動産投資はこれからの時代は絶対に有利になると考えています。

 

高騰相場、下落相場など関係なく、毎月キャッシュフローを生んでくれる不動産投資は安心感があります。これが副業として適している1つ目の理由です。

節税効果の高さ

サラリーマンとして毎月もらえる給料からは、多くの税金(社会保険・住民税・国民年金・所得税・雇用保険)が引かれています。

 

不動産投資は物件が稼ぐインカムゲインだけでなく、減価償却費を経費参入して所得税還付・住民税削減ができることは、すでに一般的に認知されています。

 

不動産投資をやっていると会社から何か言われることがあるのではないか?と心配する人も多いかもしれませんが、私の場合は会社から何か言われたことはありません。たとえ何か言われたとしても「不動産を相続しただけです。競業でもありません。」と言えれば大概は問題ありません。

 

今では多くのサラリーマン大家さんが出現していますが、多くの場合、会社からダイレクトな指摘が入ることは少ないということの証だと思います。

 

サラリーマンとしての本業をしっかりやっていれば、競業として認められない限り、会社から指摘されるケースは少ないと思われます。

 

ただし公務員は副業自体が禁止されていたり、一般企業のサラリーマンでも法人を作って代表にまでなってしまうと、二重就業になり就業規則違反に抵触する可能性があるので、その点は気をつけなければいけません。

安定収入かつレバレッジが効く

ちょっとお小遣いが欲しいだけなら株式投資や配当で十分でしょう。

 

しかしそれは100万円の原資で10万〜20万円儲けるレベルで、お小遣いレベルということになります。私の知り合いで株式投資や金融投資だけで脱サラした人というのはあまり聞いたことがありません。

 

もし株式投資の才能があって脱サラできるとしても、脱サラした後も、勝ち続けなければいけないプレッシャーは半端ではありません。

 

一方、不動産投資で脱サラしている人はたくさん存在します。大家の会などにいる人達も多くの人が組織人を卒業して、人生を謳歌しているようです。早めにスタートすれば、人生の後半で必ずや実を結ぶでしょう。

 

ひとつ難しい点として、不動産投資においては”買ってはいけない物件”というのは存在しています。負ける物件を買ってしまうと、どんなに運営が良くてもリターンが少なくては生活が成り立たなくなります。

 

したがって、どういった物件がリスクがあり、どういった物件なら安定収入になるのかという見極めが、最も大切だと感じています。あくまで焦って購入する必要はなく、しっかり勉強してスキルを磨いてから投資することが、成功への絶対条件です。

 

 以下、関連記事です。

 

▼初心者が買ってはいけない物件をいくつか挙げてみました。

www.asunarolife.net

▼この人口減少社会の日本にもかかわらず、なぜペリカンが地方での不動産投資をしているのかを解説しています。

www.asunarolife.net

▼カフェ相談も実施中です。ご興味があればどうぞ。

www.asunarolife.net