ページ コンテンツ

あすなろLIFE

不動産投資、お金・資産形成などをテーマにブログを書いています

2018年6月の家賃収入と活動報告

👍ピックアップ記事

2018年6月の家賃収入と活動報告

今月の家賃収入一覧です。6月はこのようになりました。

f:id:Pelican:20180619163556p:plain

 

家賃収入がざっくり103万円ほど、経費差引後で96万円ほどです。現在の入居率は、25戸中 23戸(入居率92%)になっています。

 

アパートの空室が2つになりましたが、長野アパートは募集から2週間でお申し込みが入って、来月から入居になります。この時期にしては意外と早かったです。お申込みが同時期に3件あったようなので、おそらく間取り(1LDK)の競争力でしょう。

 

群馬アパートはお問い合わせはありますが1ヶ月ほど空室です。現在は、閑散期で難しい条件ながら、仲介店を増やすなど追加の空室施策をどんどん打っているところです。

 

f:id:Pelican:20180621153221j:plain

不動産投資に躊躇する方へ

ペリカンが投資というカテゴリで一番最初に取り組んだのが、株式投資でした。当時はまだ20代でした。

 

たしか1単位10万円〜20万円くらいの配当株を購入したのですが、かなりドキドキしたのを覚えています。株式投資に限らず、初めての投資というのはすごい緊張感があるものです。

 

しかし私にとってはその第一歩がないと投資というものに目覚めていなかったと思います。その時は数万円くらい損しましたが、長い人生においては良い経験になりました。

 

その後、私の主戦場は、不動産投資にスライドして、現在に至ります。この分野でも最初は幾多の苦労がありましたが、今ではかけがえの無い貴重な経験となっています。

 

世の中には「不動産投資には興味があるけど、なんだか怖い」という人は結構いらっしゃるようです。ペリカンのカフェ相談でもそうした人は実に多いです。

 

金額が最低でも数百万、大きければ億単位なので、躊躇する気持ちは分かります。そして、慎重になることは悪いことではありません。そういう方は、リスク管理能力・察知能力が高いケースが多いので、将来的にその能力が役立つこともあるでしょう。

リスクの乗り越え方

では、どうやってその恐怖(リスク)を乗り越えたら良いのか?と考えた時に、私はイチロー選手の言葉を思い出します。以前、テレビでイチロー選手の特集があったときに、イチロー選手本人が言っていたことです。

 

プレッシャーを乗り越えるために必要なものは、強い精神力でなく”技術”です

 

投資における技術。それは知識と経験に他なりません

 

とりわけ不動産という分野は、事業的な側面も色濃く、自分で分析できる技術も必要だと感じています。

 

なにより地力をつけることがすべてのリスクヘッジに繋がります。知っているかどうかで、利回りやコストが一気に変わってしまう世界です。

 

f:id:Pelican:20180621162700j:plain

 

不動産投資が怖い人にオススメなのは、「最大損失したときの下限」を計算しておくことです。例えば、500万円投資して、失敗したらどれくらい損するのかを分かっていれば、それが投資するか否かの大きな判断材料になります。

 

500万円投資して、失敗したらゼロになる投資では、超ハイリスクと言わざるを得ませんが、私は不動産賃貸業はそのような類の投資ではないと考えています。

 

ただし、かぼちゃの馬車のように、他人に依存した投資はNGです。かぼちゃの馬車のケースでは「家賃保証」というのが他人への依存でした。

 

かぼちゃの事例は「このシェアハウスを買えば毎月20万円手残りする」という投資的側面しか考えなかったというのが、問題の本質でしょう(もちろん不動産会社や金融機関にも否がありましたが、まずは投資する本人がよく勉強して、リスクを自覚できるよう努めないといけませんね。投資とは本来そういうものです。)

不動産投資=事業である

したがって、これから不動産投資をスタートする人は、不動産というものを「投資」や「お金儲け」という側面だけで考えると失敗します

 

そして、やっていて楽しくもありません。

 

まずは「賃貸業」という事業として捉えて、快適で質の高い住環境を提供することを心がけるべきでしょう。そうでなければリフォームや内装への拘りも生まれてきません。

 

そうやって実力が身に付いてステップアップしていけば、次はもっと規模拡大を狙ったり、チャレンジングな物件に触手を伸ばすのも、ぜんぜん悪くないと思います。

 

私もまだ道半ばではありますが、日々不動産投資の技術を磨いていきたいと願っています。知識や経験が増えれば、購入判断もどんどん早くなりますからね。

 

昨年より今年、昨日より今日の方が、自分は成長している。

 

そのような実感を強く持てるようになれば、不動産のリスク・プレッシャーもどんどん乗り越えていけるようになると考えています。

 

まさに、日々自己研鑽ですが、そうやって身につけた知識・経験は、一生の財産になっていくでしょう。

 

www.asunarolife.net

www.asunarolife.net

www.asunarolife.net