目標を紙に書くことの効果を3分で語ります【目標を持てない人へ】

こんにちは。ペリカン(@Pelican0825)です。地方で大家さんをしながらのんびり暮らしています。

 

さて本日は「目標」をテーマにお話します。

 

あなたが目標を立てて、楽しい毎日が送れるようになればと思ってこの記事を書いています。

目標を持ち続けるのは大変

私はフリーランスで働いています。でも、3年前まではサラリーマンをしていました。

 

残業100時間で、しかもサービス業で、労働環境も劣悪だったので、一刻もはやくこの会社を辞めたいと考えていました。私がホテルマン時代と給与については以前、このブログでもご紹介しましたね。

(参考)ホテルマン時代の私の月収・年収・ボーナス額【リアルな給与明細

 

この薄給で給料も安いサラリーマンを抜け出そうと思って始めたのが、不動産投資だったわけです。

 

辞める前は、「毎月キャッシュフロー50万円達成!」と目標を紙に書いて、部屋の中に貼り、毎日眺めていました。

 

しかし社会人になると、明確な夢や目標を持って暮らしている人って、かなり少なくなります。

 

もちろん社内での目標とか小さな話ではないですよ。自分の人生の目標(ビジョン)です。

 

私たちが子供のころはみんな夢がありました。野球選手になりたいとか、お医者さんになりたいだとか、お花屋さんになりたいとか。しかし残念ながら、大人になると叶っていません。

 

この原因は何なのだろうか、と考えてみると、現実を知って諦めたということでしょう。現実というのは、儲からないとか、才能がない、とかですね。

 

でも実際、野球選手になったり、お医者さんになったり、お花屋さんを開業する人はいます。

 

でもここで大切なのは、一度定めた目標に固執することではありません

目標の「更新」するのは全然OKです

高校時代にサッカー部で私と同じだった友人がいます。彼はサッカーが大好きで、将来はサッカー選手になりたいと思っていました。

 

しかしある時、練習中に足に大怪我をしてしまいドクターストップでサッカーができなくなりました。その時、彼は絶望したと思います。オレの夢は叶わなかったと。

 

歩くこともままならない状態でしたが、幸いにも徐々にリハビリで彼は歩けるようになり、通常の生活に戻れるようになりました。

 

その時お世話になった先生がリハビリの名医で、彼は心から感謝したそうです。そして、リハビリテーション技術っていうのは人にたくさんの希望や勇気を与えるなと思ったそうです。

 

そして彼は新たな目標を見出し、努力して、今ではリハビリテーションの専門医として活躍しています。

 

これは私の友人の本当の話ですが、つまり、彼は途中で目標の更新をしたということです。当初のゴール(サッカー選手)とは違った道ですが、目標の更新をしたことで今はイキイキと働いています。

 

やっぱりどんな形であれ目標をつくってそれに向かって生きていくのは素晴らしいです。

 

目標があるからこそ、生きる張りあいや、喜びにも繋がっています。

目標が持てない人はどうすれば良いか?【時間の尊さを知ろう】

私の尊敬する投資家の方がとても良いことを言っていたので紹介します。

 

ちなみに、その方は62歳くらいのベテラン投資家さんです。

 

「私だって、若ければでかい目標を立てたかもしれない。しかし、ワタシがでかい目標を達成するには”もうあまり時間がない”。時間に余裕のある若者には、ぜひともでっかい目標をもってクリアーするべく頑張ってほしい!」

 

 

60歳を超えたこのベテラン投資家の先輩は、経済的には十分成功されていますが、もう人生に残された時間は少ないのだと自分では認識している。

 

逆に言うと、若い人はスキルも経験も知識も乏しいかもしれないけど、時間がたくさんあるのが最大のメリットです。

 

今まで生きてきた時間より、残りの人生の時間の方が、はるかに大きい。

 

若いのに、目標も持たず、子供の教育費や老後のことばかり考えている人っていますが、非常にもったいないです。

 

 

若いのに、既に老後のこと考えるなんて、すでにもう高齢化していると言えるでしょう。家族とか老後も大切だけど、あなたの人生は結局どうありたいのでしょうか?

 

目標が持てない人は、人生に残された時間の尊さ、そしてやりたいことと一度真剣に向き合う必要があると思います。

おわりに:目標を掲げたら紙に書いて張り出してみよう

若い人は、残された時間が莫大にあります

 

それを活かすも、ムダにするのも自分次第。目標を追いかける人生って、すごくチャレンジングで、面白いですよ。私も、フリーランスで毎日ワクワク楽しく働いています。

 

目標というのは一度掲げると、1年、2年経って振り返ると、叶ったりしていることもあります。

 

これは目標を掲げる明確な効果です。妄想するだけではありません、紙に書いて貼って、どんどん実行していく。毎日、見返すことが一番大切です。

 

目標を掲げるとなぜ叶うかというと、そのあとのアクションが細分化されて、やることが明確になるからです。

 

 

先輩投資家の方が言っていた「でっかい目標」を最初に掲げること。これがないと、ただ老後が来るのを待つだけの人生になってしまいますよ。

 

ぜひ20代〜30代の若いうちに目標をつくって行動してください。そして40代〜50代の人はラストチャンスです。今から動けばまだまだ人生は変わっていくと思います。

 

以下、関連記事です。

 

▼20代からの資産形成術や貯金の意味について詳しく解説しています。

 

▼私が30代で毎月100万円の収入を得られるようになった方法について解説しています。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事