ページ コンテンツ
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あすなろLIFE

不動産投資家がお金の話、WEB・IT、書評、雑記など多方面に書いていきます

宝くじが当たる確率!お金持ちはなぜ宝くじを買わないのか?

宝くじ

 

年末になってくると、今年もあの季節がやってきますね。テレビCMでもわんさか宣伝されている、そう「宝くじ」です!

1等◯億円なんてのは無理でも、◯百万円くらいなら当たるかも!、、、なんていう期待を抱いて、ゲーム感覚で買う分には問題ありません。発表日を待っている時が一番ワクワクして楽しいんだと思います。

昔から宝くじは”庶民の夢”なんて言われます。しかし、それは夢と呼ぶには厳しすぎるほどの「現実」が一方であるようです。今日はそんな「宝くじの真実」に迫ってみたいと思います。

目次

 

当選の確率

最近の年末ジャンボ、サマージャンボ宝くじの当選金額ですが

1等が7億円、2等が1500万円、3等が100万円、4等が1万円くらいです。

たしかに夢がありますね!おそらく、そこそこ当てようと本気で思っている人は、最低でも300円を10枚とか買うんでしょうか。その場合、投資金額は3000円になります。

次に当選金額と、当選率の関係を見てみます

  • 1等:7億円 2000万分の1の確率
  • 2等:1500万円 200万分の1の確率
  • 3等:100万円 10万分の1の確率
  • 4等:1万円 1万の1の確率

 

宝くじで1等が当たる確率は2000万分の1くらいだそうです。これは人間の髪の毛は約10万本ですから、200人集めて、その中の髪1本が当たり、という確率と一緒です。

1等は無理でも、じゃあ2等の1500万円が当たれば、十分嬉しいので2等の確率を見ると、200万分の1の確率だそうです。これは例えば、ある事件の集団犯(6人)が、東京都民(1350万人)の中にいるので、指で差して一人でのいいから当てなさい、という確率とほぼ同じです。なんかここまでで、たいぶ騙されている感じがプンプンしております。

ここから3等賞になると、当選金が100万円にまで下がります。しかも当選率は、10万分の1、ということで、人のフサフサの髪の毛(10万本)のうちの1本、ということですね。

4等になるとそれは悲惨で、賞金はたったの1万円(南無阿弥陀仏。。)そして、確率は1万分の1。3000円を賭けて、賞金1万円が当たる確率が1万に1つとは!(もはやサギ。。)「夢を買っとんじゃ!」と声高に叫ぶ、世間のお父さん達がちょっと可哀想になってきます。

お金持ちが宝くじを買わない理由

お金持ちが宝くじを買わない理由。それは、宝くじ=自分の努力(裁量)により結果が変わらないからです。当たる売り場がある、という噂もありますが、あれは発行枚数が多かったりするだけで、数値的根拠は無さそうです。

お金持ちは、”夢を買うんじゃ!”と言って宝くじを買うことはないと思いますし、そういう人は株式投資など、自分の裁量で結果が変化するものに投資してリターンを得ると思います。

つまり宝くじを買っているのは庶民だけ、ということになります。 いつの時代も愚か者は、夢をかけて一攫千金を狙い、努力が通用しない世界でもがいているのです。お金持ちと貧乏人の差はこうやって広がっていきます。宝くじを買うかどうかは、それはあなたの自由です。

しかし。

確率的に必ず負ける戦いに挑んでいる、ということは事実です。

人と違うことをするのが成功への近道

今年、大隅良典・東京工業大栄誉教授がオートファジーの研究でノーベル医学生理学賞を受賞されました。記者会見で、大隅教授が言っていたことが印象に残っています。

人と競争するのは好きじゃない。自分はむしろ人がやらないことに関心を示し、面白がってやってきた

まあノーベル賞受賞者と、宝くじを買うサラリーマンを比較するのは乱暴ですが、人と同じことをやっていたら、成功することはできないということ。年末年始にサラリーマンが宝くじを買って、年越しで紅白歌合戦を見ていたら成功者にはなれないということです(それは皆がしていることと同じことですから)そこのあなたは、大丈夫ですか?

f:id:Pelican:20161021003824j:plain

最後に

宝くじに費用対効果があるとするならば、、

宝くじを買うと寝付けないほどワクワクして気分よく生きれる人

、、、くらいでしょう。しかしその「気分の良さ」が、当選する可能性がそこそこある、という淡い期待によるものなら、当選率や仕組みをしっかり理解した上で買ったほうがいいでしょう。たとえ3000円でも、汗水たらして働いた大切なお金を投資するということですから、もっと人と違うことや、努力で結果が変わる対象にお金を使うほうが懸命です。宝くじに3000円払うくらいなら、奥さんと食事に出かけたり、子供に何か買ってあげたりしたほうが、家族サービスや思い出にもなるのではないでしょうか。

www.asunarolife.net