ページ コンテンツ

あすなろLIFE

不動産投資、お金・資産形成などをテーマにブログを書いています

生活費の平均ってどのくらい?夫婦のリアルな金額を公開!

👍人気記事セレクション

今回は、世間の「生活費とその内訳」について調べてみました。

子供がいるご家庭や夫婦など、二人以上世帯が対象です。

 ※参照:総務省「家計調査報告」よりデータ抜粋」

生活費の平均(二人以上世帯

f:id:Pelican:20171127182232j:plain

  • 241,351円

こちらが世間の生活費の”月額平均”です。

 

二人以上世帯なので、夫婦のみ・子供ありなど、全世帯の平均になっています。注意しなければならないのは「住居」「自動車等購入」「贈与金」「仕送り金」などは除いているということです。

 

中でも「住居費」はそれなりに大きい金額ですが、賃貸の人・住宅ローンの人など、支出の名目が変わったり、社宅だとそもそも給与天引きになっていたり、数字がブレてしまうので、除いているのだと思われます。

 

次に生活費の内訳です。ご自分の家庭とぜひ見比べてみてください!

 

食費

f:id:Pelican:20171127182255j:plain

  • 72,797円

会社で食べるランチは、お小遣いから出すと思います。したがって、ここでの食費とは「スーパーで買う食料品」というイメージでしょう。食費はだいたい平均して7万円前後かかっているということになります。

 

水道光熱費

f:id:Pelican:20171127182309j:plain

  • 18,533円

電気・ガス・水道料金の合計した平均です。ガスは都市ガスかプロパン、その他オール電化等によっても違いが出ます。

 

「プロパンガスで、毎月のガス代が高い!」とお困りの方。プロパンガスは会社によって料金が異なります。「従量単価」が400円〜500/㎥の方は、ガス会社を切り替えることで安くなる可能性が高いです。

 

下記のサイトでは全国の優良ガス会社を紹介してくれます。たとえば、夫婦二人で毎月10〜15㎥使いますので、単価が100円下がると、毎月1000円〜1500円ほどガス代が下がります。

 

プロパンガス料金比較サイト(エネピ)

 

このサービスは、戸建住宅でプロパンガスを使っている人が対象になります。※賃貸住宅や、都市ガスの人は対象外になります

家事・家具用品

f:id:Pelican:20171127182452j:plain

  • 11,484円

これは家事用消耗品、家事雑貨にかかるコストです。洗濯用品、洗剤、掃除グッズなどの全般などですが、みなさん意外にけっこう使っているのですね。ドラッグストアで特売のものを買うなど、工夫の余地がありそうです。

 

被服&履物

f:id:Pelican:20171127182508j:plain

  • 9,309円

統計では「和服、被服関連サービス」と説明されています。これは冠婚葬祭やパーティなどに使う特別な衣類がメインになっていると思われます。

 

通常のファンションとしての洋服は、お小遣い(下記の「その他の支出」)から出しているということでしょう。被服関連サービスとは、クリーニング等が入っているものと思われます。

 

年間で必要な費用を、月割すると9,000円くらいになるということですね。

 

保険・医療費

f:id:Pelican:20171127182527j:plain

  • 12,318円

保険料や病院に掛かったときのコストです。これは致し方無い部分だと思います。健康が第一ですし、不慮の病気やリスクがあるので削るべきではないでしょう。

 

交通費・通信費

f:id:Pelican:20171127182556j:plain

  • 39,483円

ここでの「交通費」とは自動車等の維持費用が入っています。また「通信費」は、ネット回線、スマホ代のことですね。ここは格安スマホや、格安インターネット回線へ切り替えをすることも一つの方法ですね

 

私はネット回線は「NURO」を使っています。4千円代にも関わらず、爆速(100M前後)です。関東はもちろん、2018年1月から対応エリアが広がって、東海・関西にもサービス提供が始まっていきます。

www.asunarolife.net

教育

f:id:Pelican:20171127182843j:plain

  • 9,288円

こちらは子供の授業料・塾代などがメインです。分母に子無し世帯も入っているので、低めに出ているように感じます。子供の将来もあるので、なかなか削れない部分ですね。

 

教養娯楽費

f:id:Pelican:20171127182954j:plain

  • 28,566円

テレビ・音響映像機器・パソコン・カメラ・楽器・学習机、その他雑誌や書籍の代金などが主なものです。映画・美術館・個展などの、入場料や拝観料なども入りますので、けっこう幅広い意味でかかってきます。

 

その他の消費

f:id:Pelican:20171127183014j:plain

  • 57,732円

交際費、おこづかいなどがメインの項目です。夫婦2人分(+お子様分)が掛かりますが平均で5〜6万円くらい掛かっています。

 

ランチ代や飲み会代も含まれますので、なかなか削れませんが、お弁当持参で、夜の飲み会の数を減らせば、改善の余地があるかもしれません。

 

まとめ

保険料や教育費などはすぐに減らすことが難しいと思いますが、通信費やガス代など長期的にずっと掛かるものは、一度見直すことで家計がラクになります。

 

気持ちが滅入るほど節約をがんばるのも辛いですが、世の中には便利なサービスが沢山あります。少しずつでも自分のできるところから改善することが大切です。

 

www.asunarolife.net

www.asunarolife.net

www.asunarolife.net