ページ コンテンツ

あすなろLIFE

不動産投資家がお金の話、WEB・IT、書評、雑記など多方面に書いていきます

【長野・信州おすすめ旅館!】しげの家・せきや・岩の湯を紹介する

👍人気記事セレクション

長野・信州おすすめ旅館

仕事の疲れを癒やすのにお風呂にゆっくり入って、じんわ〜り温まるのって本当に最高です!特に大自然の中で、温泉に入れば、身も心も爽快&リフレッシュしちゃいます。

私は仕事で長野に住んでいたのですが、長野って温泉が200箇所以上もあって北海道に次ぐ数ということで、まさに温泉天国なのですよ。旅館でおいしい食事を食べながら、温泉でまったりエネルギーを充填すれば、明日からの生きる力が生まれてくるものです。

今日は、長野に7年間住んでいた筆者が、ずっと秘密にしていた長野のおすすめ旅館・温泉宿3つをご紹介します。

 目次

 

千曲之湯しげの家

長野駅から私鉄(しなの鉄道)で25分ほど走ったところに、早暁50年という伝統がある、全8室の旅館です。近くには千曲川が流れていて、温泉は美肌の湯として有名な戸倉上山田温泉です。

まず旅館に入ると、水槽に大きな鯉が雄大に泳いでいて、そのインパクトがすごい!

しげの家の玄関

ウェルカムのお茶菓子をいただいた後は、客室へ。今回は「桂(かつら)」という露天風呂付きのお部屋を予約しました。露天風呂は、お庭の木々を眺めながら、源泉かけ流しで入ることができます。

この「しげの家」さんの特徴は、玄関から客室までとにかく豪華な作りであることです。組子細工という、信州が生み出す伝統工芸品を愛でることができます。地元長野の名工がてがけるそうした装飾品を見ながら、ちょっと大人の雰囲気を求める40代〜50代くらいの人にはおすすめです。

ウェルカム&客室

お料理は、信州の川魚を中心に、北陸で採れたお魚、信州牛もしゃぶしゃぶで味わうことができました。とにかく量が凄いので、若い方やカップルでも満足できるボリュームだと思います。この日、妻のお誕生日のお祝いで使いますっていうことを事前に伝えていたら、ケーキも用意してくれて良い記念になりました。

料理

帰り際に、旅館の女将さんらしき人が見送ってくれたのですが、丁寧かつ物腰も柔らかいのですが、プロの女将さんという感じの人で恐れ入りました。本当に気持ちの良い接客とサービス、そして二人の時間を邪魔しない細かい気配りなど、旅館が50年かけて育んできたものを滞在の2日間で一気に体感できるような、とても居心地の良いお宿でした。こういう付かず離れずの距離感ができる宿は本当に貴重です。

住所:長野県千曲市大字戸倉温泉3055

tel:(026)275-1713

湯宿せきや

長野駅から北東に30キロほど、上林温泉という志賀高原の山裾にたたずむ旅館が「せきや」さんです。古くから文人などが訪れていた芸術の里でもあるので、まわりには美術館などもあります。

せきや玄関と客室

この旅館の良さは、やはり管内のお庭の雰囲気やライブラリーなど、設備が充実しているところでしょう。 【けやきの湯】【もみじの湯】【楓の湯】という3つの貸切風呂があるので特徴で、予約を入れれば、夫婦や家族で入ることもできます。

今回は、 今心亭【桔梗】 という露天風呂付きのお部屋を予約したのですが、まず驚くのはその広さ。なんと99平米というめちゃめちゃ広いお部屋なので、ワタシたち夫婦二人なら広すぎるくらいですが、贅沢な空間で過ごすことができました。お部屋にマッサージチェアがあるのも地味に嬉しいポイントでした。

お料理

お料理は信州牛をすき焼きでいただいて、川魚の焼き物など、ボリュームはちょうどよいくらいの量でした。個室のお部屋を取ってもらったので、ひと目を気にすること無く過ごすことができました。

ラウンジ

館内にはかっこいいラウンジがあり、ドリンク無料券をもらっていたので、お風呂上がりに立ち寄ってビールをいただきました。バーカウンターで飲むビールは、大人な雰囲気で横には大きなワインセラーなんかもあり、いろいろ見て歩きながら過ごしました。

お昼は本が読めるライブラリーラウンジもあるのでそこで、まったり読書をして過ごしたり、貸切風呂を朝晩と変えて入ったり、滞在者の方のステイの質を上げるためのつくりが非常に好印象な旅館でした。若いカップルの人はもちろん、お部屋も広いので、お子様連れまで幅広いユーザーの人におすすめのお宿ですね。近くにスノーモンキーパークというのがあって、世界でも珍しい温泉に入るお猿さんたちを見ることもできますよ。

住所:長野県下高井郡山ノ内町上林温泉
tel:(0269)33-2268

仙仁温泉岩の湯

長野駅から東に20キロほど。アクセスは車(もしくはレンタカー)がいいでしょう。昔は1年待たないと泊まれないと言われるほど人気の旅館でしたが、今は少しは予約が取りやすくなっていると思います。私の旅館宿泊人生で一番よかった、お気に入りの旅館が、この「岩の湯」さんです。

玄関

この「岩の湯」さんの素晴らしいところは、山の斜面に建物が建築されていて、自然と一体となっていることから、本当に自然の中にいるかのように滞在することができることです。チェックインすると、まずはお抹茶と茶菓子が出されますが、フロント前のお庭や池も非常に良い雰囲気です。

客室&ラウンジ

お部屋は大正ロマンのような、華やかでいて落ち着きのある佇まいで、館内は照明を落とし気味になっています。お部屋に行く途中にいろんなところにソファやライブラリーがあり、本を読んだり物思いにふけったりすることができます。

温泉

お風呂は複数の貸切風呂の他に、名物の洞窟風呂っていうのがありまして、これは薄暗い鍾乳洞の洞窟の中で、30度ほどのぬるめのお湯につかって、ゆっくりと入ることができる不思議なお風呂です。

私が行った10月は秋真っ盛りで紅葉も綺麗でしたが、館内の椅子の下には、鈴虫が隠されていて、その音色を聞きながら過ごす時間は、また格別でした。

料理

お料理は個室で、1品1品はけっして高級食食材を使っているわけではありませんが、煙でいぶし焼きにした川魚や、石の上で焼く信州牛など、演出がこだわっていて楽しい夕食の時間になりました。専属の中居さんのような女性がお料理を運んでくれるのですが、とても良い距離感で、料理を運ぶスピード、言葉遣いも丁寧で、大変良いサービスでした。

しいて言うと、朝食の内容・ボリュームがもう少したくさんあって、食材も豪華だったら良かったかなと思うところがあったくらいで、それ以外は満点です。この日は年配のお客さんが多かったようですが、とにかくお料理、スタッフの気配り、館内の雰囲気など、総合バランスが素晴らしい宿だと思います。

住所:長野県須坂市仁礼町3159

tel:(026)245-2453

 

www.asunarolife.net