ページ コンテンツ

あすなろLIFE

不動産投資家がお金の話、WEB・IT、書評、雑記など多方面に書いていきます

不動産投資に使える無担保ローン・カードローン5選

👍人気記事セレクション

無担保ローン・カードローン

不動産投資をやっていると、物件価格は銀行の融資で支払えるけど、諸費用やリフォーム費用が手元キャッシュでは出せないというシチュエーションが必ずあります。

投資初期には、こうした手元現金の不足により、良い物件なのに掴み損ねたという経験のある方もいらっしゃるのではないでしょうか。「あと200万円キャッシュがあれば買えたのに、、、、」というのは非常に悔しい経験です。

無担保ローンやカードローンは、”禁断の術”だと言われることもありますが、メガ大家さんの中にもうまく活用して資産拡大を図ってきた方もいらっしゃいます。要は使い方次第なのです。

今日は私が使ったことのあるおすすめの無担保ローン・カードローンを紹介します。

 

日本政策金融公庫

リフォーム費用がない!諸費用が足りない!という時に、一番最初に活用を考えるのが公庫ではないでしょうか。日本政策金融公庫は政府系の金融機関ですが、特徴は「弱者の人、年収が低い人でもお金を借りられる可能性がある」ということです。無担保枠は2000万円と言われています。金利は1%台後半〜2%前後です。

この範囲であれば、物件+リフォーム費用などを満額で貸してくれる可能性があります。また無担保枠なので、物件自体に抵当権を付けたり、他の担保を差し出さなくても貸してくれるのが特徴です。

ただし事業実績や、確定申告2期分の有無などは見られます。事業実績がまったくゼロ人には、無担保ローンで貸し出す可能性は低いでしょう(私の妻は、女性優遇制度を活用しましたが、事業実績が無かったので無担保ローンは不可と言われました)

使い方として、土地と建物は他の金融期間から融資してもらえるけど、空室のリフォーム費用が出ない時に公庫を活用する、といった使い方が効果的です。ぜひ一度、最寄りの店舗に相談してみることをオススメします。日本施策金融公庫 | 店舗案内

住信SBIネット銀行「Mrカードローン」

住信SBIネット銀行は、とても便利なネット口座です。まだネット銀行の口座を開設していない人には一番オススメの口座だと思います。

全国のATM(イオン、セブン、ローソン、ゆうちょ、Enet)でお引き出し・お預入が可能で24時間・365日利用可能です。また毎月のお引き出し・お振込手数料が最大15回無料(お客様ランクによる)という特典もあります。

そして住信SBIネット銀行は、業界で最安のカードローン商品をリリースしています。金利も8%以下で使えるプレミアムコースがおすすめです。※私も金利5%で枠も200万円で借りています

f:id:Pelican:20170527105111p:plain

上記のどの金利プランになるかは、年収や属性により審査されます。私は200万以上300万円未満のコースで金利5%での枠を使わせていただいています。例えば、100万円借りても、年間利息が5万円程度しか掛からないので、月に4千円程度の金利で借りる、といった使い方をします。

所定の条件を満たしている方は、金利引下げ条件もあります。SBI証券口座を持っている方などは金利が0.5%も下がりますので、大変お得になります。

f:id:Pelican:20170527105430p:plain

静岡銀行カードローン「セレカ」

私が4棟目の不動産(群馬アパート)を購入する際に活用したカードローン商品です。無担保で最高500万円までの借入に対応しています。

www.asunarolife.net

こちらも金利プランが、限度額に応じて設定されています。※私は300万円プランでの審査通過で金利9%でした。

f:id:Pelican:20170527110633p:plain

こちらの商品の特徴は、、、

  1. インターネットで全て申込みが完了
  2. 全国のセブン銀行ATMで借入ができる
  3. 最大45日間分の利息キャッシュバック!

という3つのポイントがあります。審査期間も数日と、非常に早いです。審査通過後は、インターネットバンキングで専用口座が解説されるので、24時間いつでも借入・返済が可能な点も魅力。セブン銀行での時間外手数料も無料なのも嬉しいですね。

静岡銀行カードローン「セレカ」

スルガ銀行カードローン

 法人・個人事業主をサポートするカードローンです。無担保で最高300万円までご利用可能ですが、事業性資金限定なので確定申告書の提出が最低2期分必要になります。金利は12〜14.9%とそこそこ高めになりますので短期での借入と返済がオススメです。

現金の引き出しは、スルガ銀行、ゆうちょ銀行、提携金融機関、セブン銀行、E-net、タウンネットワークサービス、イオン銀行のATMが利用可能です。

メリットとして、審査は数日程度で終わるのですぐに結果が出ます。ただしそこから申込書の記入・郵送と、本審査を経て、カードが送られてくるまではトータル3週間〜1ヶ月くらいの期間が必要になります。

楽天スーパーローン

 金利が1.9〜14.5%で、利用限度額が最大800万円の楽天のスーパーローンです。サラリーマンで定職に着いていて、普段から楽天で買い物をしたり、楽天カードを所有している人には、比較的簡単に借入ができるローンだと思います。入会特典として、楽天スーパーポイントをもらえたりするのは嬉しい特典です。

【限度額と金利について】

f:id:Pelican:20170527112645p:plain

借入に際して重要なこと

重要なことは以下の3つあります。これらの注意点を守らないと、使えないものにならなかったり、時には諸刃の剣になりえます。

1.投資する前に枠の確保をしておかないと借りられない

私は銀行の借入が積み重なる前にこうした無担保ローンやカードローンを申込みましたので審査に通過することができましたが、順番が逆だったらNGだった可能性があります。つまり多額のアパートローン等を組んだ後に、カードローンを申込んでも、融資否決になる可能性が高いと思います。何事も順番を間違えないようにしましょう。

2.無担保ローンは信用毀損になりやすい

カードローンは特に信用毀損になりやすいので注意してください。もちろんリフォームローンとして活用しているといった説明もできますが、その際の金利が10%以上だと確実にマイナスポイントになります。

今後もキャッシュで不動産を購入する現金投資の方や、ノンバンクや公庫の利用が中心になる人は問題ないと思いますが、地銀やメガバンクを使いたい人は少し注意しましょう。完済してしまえば、あまりマイナスポイントにはならないと思われます。

3.高金利のローンは繰上返済でガンガン返済すること

 カードローンを活用する際は、最低でも金利が5%〜高いものだと15%近くになります。平均10%として、もし500万円借り入れすると、年間利息だけで50万円も掛かってしまいます。

ゆえに借りたら半年〜1年以内に返済するなど短期でガンガン返済しないと金利支払いが非常にもったいないということになります。しかしながら物件高騰により、良い物件はなかなかない時代なのも事実。瞬間蒸発してしまうような優良物件を購入し損ねると、次に買えるのはいつになるか分かりません。そこは事業家としての判断になります。

 

▼金融機関の融資基準の紹介です

www.asunarolife.net