ページ コンテンツ

あすなろLIFE

不動産投資、お金・資産形成などをテーマにブログを書いています

子供の教育費は、公立と私立でどれくらい変わるのか?

👍人気記事セレクション

人生の3大支出」とは以下になります。

それぞれ数千万円レベルの規模で、かなり大きな金額です。

  1. 子供の教育費
  2. 住宅費
  3. 老後資金

今回は、その中でも「教育費」について、必要金額を考えてみたいと思います。

f:id:Pelican:20171207135328j:plain

教育費は公立と私立でまったく異なる

 

文部科学省が発表している「平成26年度子供の学習費調査」によると、以下のようになっています。

f:id:Pelican:20171207122843p:plain

 

一番のポイントは、公立と私立で、掛かる教育費がまったく違ってくるということです。まずは公立に通わせるのか、私立に通わせるのか、ここが大きな分岐点になります。

 

実際、公立と私立によりどれくらい変わるのか?シミュレーションしてみます。

 

(※文科省のデータでは大学費用が入っていませんでした。したがって、国公立なら年60万円、私立なら年120万が仕送りとして掛かる想定とします)

幼稚園〜大学まで、すべて「公立」に通った場合

  • 幼稚園(2年)×222,264円=444,528円
  • 小学校(6年)×321,708円=1,930,248円
  • 中学校(3年)×481,841円=1,445,523円
  • 高校(3年)×409,979円=1,229,937円
  • 大学(4年)×600,000円=2,400,000円

すべて公立に行った場合、合計は745万円になりました。

 

公立にするだけで、かなり抑えられることが分かります。親が子供に対して、公立に行って欲しい!と希望する理由が分かるような気がします。

幼稚園〜大学まで、すべて「私立」に通った場合

  • 幼稚園(2年)×498,008円=996,016円
  • 小学校(6年)×1,535,789円=9,214,734円
  • 中学校(3年)×1,338,623円=4,015,869円
  • 高校(3年)×995,295円=2,985,885円
  • 大学(4年)×1,200,000円=4,800,000円

すべて私立に通った場合の合計は、2200万円になります。

 

これはかなり大きな負担ですね。実際、”幼稚園から大学まですべて私立”という人は、少数派だと思います。芸能人の子供さんなどは結構お金が掛かっているのもしれませんね。

f:id:Pelican:20171207135349j:plain

幼稚園〜中学まで公立、高校〜大学は私立の場合

すべて公立とか、すべて私立だと現実離れした感があります。したがって条件を変えてみます。

  • 幼稚園〜中学校は公立
  • 高校〜大学は私立

という前提で、計算してみるとどうなるでしょうか?

  • 幼稚園(2年)×222,264円=444,528円
  • 小学校(6年)×321,708円=1,930,248円
  • 中学校(3年)×481,841円=1,445,523円
  • 高校(3年)×995,295円=2,985,885円
  • 大学(4年)×1,200,000円=4,800,000円

この場合の合計は、約1160万円という結果になりました。これは大学卒業までの22年間の合計です。毎年平均53万円(月額4万4000円)が掛かっていることになります。

 

中学校までは、それほど大きな費用が掛からない反面、高校〜大学ともなると、だんだん教育費の負担が大きくなる印象です。

まとめ

このように子供の教育費は、公立か私立かの選択により大きく変わってきます。だいたい1000万円〜1500万円程度という結果でした。

 

注意しなければならないのは、これは教育費だけです。その他の費用(食費、被服費、医療費、お小遣い)などは一切含まれていません

 

それらも全て考慮すると、成人するまでに子供一人に2000万円くらいは覚悟しておく必要がありそうです。

 

子供の希望する進路や、ライフプランもあります。親が全面的にサポートできるよう、将来について家族で話し合い、計画的に貯蓄や準備をすることが大切になってきそうです。

 

www.asunarolife.net

www.asunarolife.net

www.asunarolife.net